流産と病院で診断され
手術を受けることになったけど
病院で手術について簡単な説明しかないと
不安になりますよね。

そこで今回は
流産手術の入院や入院してからの流れ、持ち物について
お伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

流産手術は日帰り?それともの入院?

早期流産で繋留流産と診断されると
掻爬(そうは)手術受けることになる場合があるのですが
その場合は日帰り入院or1日入院で手術が行われることが多いです。

入院の主なパターンとしては

1)日帰り入院(昼まで)
朝病院に行き、診察後すぐ手術に入り
お昼前後に退院するケース

2)日帰り入院(夕方まで)
朝病院に行くのは1)と同じなのですが
診察後に子宮口を開く前処置が行われるため
手術が始まるのが午後からで夕方頃に退院するケース

3)前日通院⇒翌日日帰り入院
自宅が病院から近い場合ですが
手術の前日に病院の診察にて
前処理を行い、翌日の朝から手術をして
昼頃に退院するケース

4)1泊入院
手術の前日に入院手続きをし
前処置を夜に行い、翌日の朝or昼前頃に
手術を行い、夕方までには退院するケース

と大きく4パターンあるようです。

 

でもどうして同じ手術なのに
日帰りだったり1日入院だったり
入院期間が変わるの?
と思われうかもしれませんね。

だけどちゃんと入院する期間が異なるのにも理由があって
妊娠の週数や初産か経産婦かといった状態によって
手術の前の処置の必要性や
かかる時間が変わってくるから
なんです。

そのためどのパターンの入院になるかは
病院の先生の判断で決まります。

 

手術前の前処置って?

さっきから手術前に処置がと何度も
繰り返しているので、きっと気になってますよね。

そこでもう少し詳しく手術前の処置について
お伝えしておきますね。

 

まず、前処置の前に
掻爬(そうは)手術は
子宮内を綺麗にするために
子宮内にあるものを
器具を使って掻き出す手術

子宮頚管を広げないと手術が出来ないんです。

そのため手術の前に子宮頚管を広げるために
膣内を洗浄してから
子宮口を柔らかくしたり広げていく
ラミナリア・ラミケン・ラミセルと言われる
棒状のものを入れていきます。

ラミナリアは海藻から作られていて
水分を吸収して膨らんでいき
その作用により子宮口を広げるもので、
ラミケン・ラミセルは
薬剤が含まれていて、薬の作用を利用して
子宮口を開いていくものです。

どうやって子宮口が広げられていくかが
ラミナリアとラミケン・ラミセルでは
違いますが、子宮頚管を広げるという目的は同じです。

 

病院の先生が早期流産の手術の前に
子宮頚管を開く処置が必要だと判断すると
この処置が手術前に行われるのですが、
初産だと経産婦に比べて子宮口が開きにくく、
時間が掛かるんです。

そのため初産の場合は
入院でも1日泊まりの入院になったり
日帰りでも朝から夕方まで掛かったりすることが多いです。

 

経産婦の場合は状況によって
手術前の処置があったりなかったりです。
前処置がない場合は
処置なしで手術のときに少しだけ子宮頚管を開いて
そのまま器具をいれて手術になるので
朝から昼までの日帰り入院で終わります。


スポンサードリンク

日帰り&入院時の流産手術の流れって?

それでは日帰りと1日入院の場合の
手術当日の流れをざっとですが
お伝えしていきたいと思います。

 

1)昼前後で退院の日帰り入院

実は私も妊娠9週目で繋留流産と診断され
早期流産手術を受けたことがあるのですが、
私は2人目の時だったからか、お昼までで退院できる入院でした。

朝のうちに手術の場合は
手術の前夜は9時までに食事を済ませ
それ以降は食事は禁止、
飲み物も0時以降はNGでした。

 

手術当日の日は、
朝9時には病院に行き、すぐに診察。
エコーを再度確認し胎児の状態を確認してもらいました。

それでも心拍は動いていなかったので
1時間後くらいから手術を行うと言われました。

そのため入院の部屋に移動し、
病院着に着替え血圧と熱を測り
水分補給の点滴を2本打ちました。

だいたい点滴をしていた時間は
1時間くらいだったと思います。

2本の点滴が終わると再度血圧と熱を測り手術です。

 

私の場合は静脈麻酔だったのですが、
手術台で準備ができると
麻酔を入れられ10分程度の手術の間だけ意識がなくなりました。

そして手術室から入院室に戻ったくらいで
私の意識が戻りましたが、
まだまだ麻酔が効いていたので
手術から1時間くらいは眠っていたし、
更に1時間は横になって安静にしていました。

12時すぎて、まだ麻酔が効いていたので
足元はフラフラしていたのですが、
診察をしてもらい退院となりました。

 

2)夕方頃に退院の日帰り入院

夕方頃に退院する日帰り入院の場合も
前日の夕食は21時頃を目安に終え
水分は手術当日の朝7時頃まではOKなようですが、
それ以降は飲み物も禁止です。

朝9時頃には病院で入院手続きをし、
入院部屋へ移動し、
10時頃には診察を受け子宮口を開く前処置が行われます。

そこからは子宮口が開くまでは
手術ができないので待機です。

 

実際の手術はお昼過ぎた13時あたりから始まるケースが多く、
術後1時間は私と同じように意識が戻らず眠っていることが多いようです。

手術後1時間もすると意識もだいぶ戻ってくるのですが、
まだ体自体思うように動かせないので
3時間くらい待機して診察を受け17時~18時頃に退院となります。
上記内容は日帰り入院&手術を参考にしました。

3)手術前日から入院

手術の前日はお昼すぎ(13-15時)には
入院受付をするようですが、
実際に子宮頚管を開く処置が行われるのは
晩ご飯を食べ終わってからのようです。

手術は翌日の朝から行われることが多いため
21時以降は絶飲食。

朝は水分補給の点滴を終えたら
手術に向かう感じで、
麻酔が抜けてきたらお昼ご飯を食べて
先生の診察を受け15時頃に退院のようです。

 

手術当日の流れは
病院によって多少異なることもあると思いますが
少しでも参考になればと思います。

 

流産手術の入院時の持っていったらよい持ち物って?

日帰り・泊まりを問わずに
必ず必要なものが

・夜用の生理用品
・生理ショーツ

です。

 

私は昼まで退院だったので
特になにも持って行かなかったのですが
手術前の点滴中は1時間ほど時間があります。

付き添いの方がずっと側にいてくれるのであれば
特に必要ないと思いますが、
一人の場合は本や雑誌、音楽などがあれば
気も紛れるのかな?と思います。

 

あとストローは持って行っておいたほうがよいかもしれません。
手術後に喉がすごく渇き
水分を取りたくなるのですが
マグカップやペットボトルはうまく飲めないんです。

私は紙パックのジュースを病院で頂けたのでよかったのですが、
ご自身で飲みのもを準備されていくのであれば
曲がるストローは数本入れておいたほうがよいかな?と思います。

 

1泊入院の場合は

1泊入院の場合は
病室にいる時間も長いので
必要なものが日帰りとちょっと変わってきます。

そこで1泊だからこそ
持って行っておくとよいものを
紹介しておきますね。

・前あきのパジャマ
・スリッパ
・タオル
・ボックスティッシュ
・歯ブラシセット
・フェイスウォッシュや体拭くウエットティッシュ
・マグカップ
・本
・マスク
・耳栓

 

手術前の子宮口を開く処置をすると
お風呂にも入れないので
バスタオルやシャンプーなどの入浴用品は不要です。
もしお風呂に入ってから病院に行けるのであれば
お風呂を済ませてから行くようにしましょう。

とはいえ季節によっては
お風呂に入って病院に入ったとしても
汗でベトベトになったりするので
洗顔と体を拭くシートがあれば便利かな?と思います。

 

あと絶対に必要というわけではないのですが
マスクを乾燥対策で持って行ったり
耳栓は大部屋だったり、
産院なので生まれてきた赤ちゃんなどの声も
夜気になり眠れなかったりすることもあるので
念のため持っていておくと
重宝するかもしれません。

 

さいごに

早期流産の手術自体は10分程度で一瞬です。
手術をすることで、体にも負担が掛かりますが
一番は心が辛くて苦しくなると思います。

私は泣きたいときは泣くのを我慢しなくて
いいと思います。

私もよく車を運転しながらだったり
ボ~っとしているときに涙が出てきたりしてました。

でもちゃんと時間が自分の落ち着きを取り戻してくれますし、
乗り越えられます。

だから頑張ってっていうのも変ですが
手術頑張ってきてくださいね。

 

流産について私なりにまとめたり、体験したことを書いたものです↓↓
初期流産手術の費用っていくらくらい?保険は適用されるの?
流産手術後 どのくらい安静にしてた?出血と痛みの変化について
流産手術後の過ごし方や生活で気をつけることって?
流産手術後 出血ってどのくらい続くの?ホルモンバランスが関係?
流産手術後の生理っていつ頃くる?量って多くなるもの?
流産から立ち直るには?私が流産の辛さを乗り越えられたきっかけは?
よかったら参考にしてくださいね。
 

スポンサードリンク