暑くなり汗を掻く時期になるとできやすくなるのがあせも。
なんとかして早く治してあげたいですよね。

 

今回は汗疹が出来てしまった時に自宅でできるケアと
乳幼児に汗疹ができやすい部位について紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんにあせもが…ケア方法は?

あせもができてしまう一番の原因は
汗をそのままにしておくこと
です。
ということは…

そう。

汗をしっかり洗い流してあげることで
汗疹って改善することもあるんです。

特にあせもが出来てまもまくて
痒みを伴っていない軽度の時期であれば
自宅ケアでも汗疹は改善できます。

では具体的にどうしてあげたらいいのか?
お伝えしたいと思います。

 

まず、汗疹のケアで一番大事なことは
こまめに乳幼児の汗を拭き取ってあげること
汗を放置しておくことが、汗疹に繋がってしまうので
朝起きて、ごはん後、外遊び後など
生活の区切り区切りで汗を拭き取ってあげるようにすると
よいかもしれません。

 

もちろん汗をかいたら拭いてあげるというのも大事ですが
もともとの汗を少しでもかきにくくしてあげることも大切です。
そこで、服は通気性がよいものを選んであげるようにし、
肌着は汗を吸収してくれる綿素材のものを選ぶようにしましょう。

 

上記2つのケアをしたけど、改善しないときは
赤ちゃんや幼児の汗を拭き取るだけでなく、
シャワーの回数を増やしてあげましょう。
例えば…
いつもは夜1回のお風呂だけど、
朝と昼に軽く汗をかいた場所をシャワーで洗い流してあげたり
朝と昼両方が厳しいなと思うなら、
夜以外に午前中か午後に1回シャワーを入れてあげるなどです。

 

そしてお風呂やシャワーの回数を増やすときに注意したいのがお湯の温度

 

夏場に高い温度のお湯だと、せっかくお風呂やシャワーを浴びたのに
お風呂から上がった後に汗が出てしまうと思うんですよ。

これではせっかくお風呂やシャワーをしたのに
逆効果とはいいませんが、また汗がでてしまっては意味があまりありません…(´・ω・`)

なのでお湯の温度も汗をかきすぎない程度に設定するようしましょう。

 

ちなみに私の娘は5月初旬頃に汗疹かな?と思う湿疹が
首のところにできたんです。

場所も場所やし、汗疹かな?っと思い、
湿疹ができている場所をガーゼを濡らして拭いてあげる回数を
毎食後に増やしたら、すぐに治まりました。

もちろん早い段階で汗疹のケアが出来たことがよかったのかな?
とも思いますが、やはり汗はしっかり拭き取ってあげる!
これだけでもだいぶ違ってくると思いますよ。

 

スポンサードリンク

あせもができやすい部位ってどこ?

早めに乳幼児の汗疹に気づいてあげ対処してあげられるよう
あせもがでいやすい場所を知っておくと
汗疹ができた初期段階で対処してあげられますよね。

そこで、赤ちゃんや幼児のあせもができやすいところですが
おでこ、首まわり、脇の下、背中、股やおしりなど
汗が溜まりやすく、蒸れやすい部分です。

 

首周りであれば、しっかりお肉のくい込んだシワになった部分
あせもが出来ていないか確認してあげましょう。

 

そしておむつの中は夏場とっても蒸れやすいですが、
その中でもあせもが特に出来やすいのがおむのギャザー部分
ウエストのゴムの部分やお股のギャザー部分には
どうしても汗が溜まりやすいんです。

そのためおむつ交換時にはあせもが出来ていないか確認するのと合わせて
汗をかいているようなら拭いてあげるとよいかと思います。

 

背中はとくにまだ寝返りを打てない赤ちゃんは要注意です。
ずっと仰向けに寝た状態のままだと
背中と敷いているマットが密着して汗がなかなか逃げず、
蒸れてしまうのがあせもが出来やすくなってしまいます。

 

背中のあせも対策として私がやっていたことですが、
ガーゼを背中に挟んでおくという方法です。
お店やネットでも赤ちゃん汗取りパットが販売されているので、
こういったものを使われてもよいかとも思います。

 

私はガーゼやガーゼ生地を縫い合わせたものを
使い市販の汗取りパットは使いませんでしたが、
それでもガーゼが汗を吸い取ってくれていましたよ。
そのため汗で湿ったガーゼをこまめに取り替えていました。

少しでも参考になれば嬉しいです。

赤ちゃんのあせも掻いてしまうと広がる?

汗疹はかいてしまうと、細菌が皮膚の表面で繁殖してしまい
「とびひ」になってしまうこともあります。

汗疹などの湿疹を掻いてしまうと
だんだん水ぶくれができてきて、皮膚がジュクジュクになってくるんです。

 

これが「とびひ」といわれる状態。

 

そして皮膚がジュクジュクの状態になってしまうと危険信号です。

なぜかというと、ジュクジュクになっている部分を触った手で
まだ湿疹が出来ていないところに触ると
そこにまで湿疹が広がってしまうし、
他の赤ちゃんやお子さんにも移ってしまうこともあるからです。

 

汗疹は初期段階ほど治りやすいです。

かゆみを伴い「とびひ」に発展してしまう前に
早めに治すようにしましょうね。

 

さいごに

汗疹は早いうちなら自宅ケアでも対処可能です。

赤ちゃんや幼児の肌で特に汗疹ができやすい
首・脇の下・股やおしり・背中などの部分は
しっかりと観察してあげるようにしましょう。

 

紹介した自宅ケアでも良くならない…
そんなときは痒みが出て、掻きむしってしまう前に
早めに皮膚科で診てもらうようにしてくださいね。

スポンサードリンク