便秘に効果があると言われているオリゴ糖。
赤ちゃんにも効果があると言われていますよね。

とはいえ、赤ちゃんだからこそ、
ほんとうに与えて大丈夫なのかな?と思ったり
あげるときってどのくらいの量をあげたらいいんだろう?
と大人だとそこまで気にならないことが気になったりすると思います。

 

そこで今回は、
オリゴ糖の便秘解消効果や赤ちゃんへのオリゴ糖の与え方
デメリットやオリゴ糖を選ぶときのポイントをお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

赤ちゃんが便秘に!オリゴ糖?飲ませ方は?

大人だけでなく、乳幼児も「オリゴ糖で便秘が良くなった!」
というクチコミをよくネット上でも見かけたりしますよね。

 

なぜそんなに「オリゴ糖が便秘にいいよ~」
と言われているのかというと
オリゴ糖はしっかりと大腸まで届いて
ビフィズス菌や乳酸菌のエサとなり、
善玉菌の多い腸内環境に整備してくれるから
なんです。

 

腸内環境ってすんごく大事で、
ちゃんと整えてあげると便秘改善に効果があるんですよ。

だからよく「オリゴ糖って便秘に効果がるよ」って言われているんです。

 

そんなオリゴ糖を乳幼児に飲ませるときは…

大人だと1日5g摂取するのですが、
0歳の赤ちゃんや乳幼児には大人と同じ量は多すぎます。

そこで赤ちゃんには1日に1~2gの少量から試していくと良いです。

 

飲ませ方ですが、
離乳食が始まっていない赤ちゃんであれば、
白湯やミルク、母乳を搾って溶かして哺乳瓶であげたらよいかと思います。

離乳食が進んでいる6ヶ月以降の赤ちゃんであれば、
スープやおかず、白湯、お茶、果汁などに混ぜて飲むと良いですよ。

 

もし牛乳アレルギーがないお子さんでしたら
ヨーグルトに混ぜ込んであげると
腸内の善玉菌の働きが活発になるので、
ヨーグルトに混ぜてあげるのもよいかと思います。

 

 

オリゴ糖は食事の味が変わったりすることもないし、
加熱してもオリゴ糖の働きが悪くならないので、
気軽に飲み物や食べ物に混ぜるのはもちろん
お菓子を作るときに砂糖の代わりに使うことも出来ます。

溶かしたり、料理に混ぜ込んだりして使えるので
乳幼児にもオリゴ糖はあげやすいと思います。

ただ摂取量は守るように気をつけましょうね。

 

便秘の時に効果的なオリゴ糖のデメリットって?

腸内環境を整え、便秘改善効果の期待できるオリゴ糖。
小さい乳幼児にあげるなら、
事前にどんなデメリットも知っておきたいですよね。

ということで、オリゴ糖のデメリットお伝えしていきますね。

 

1.取りすぎるとお腹がゆるくなる

善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれるのが
オリゴ糖なのですが、摂り過ぎはNG

爆発的に善玉菌が増えてしまい
下痢を引き起こしてしまうこともあります。

 

特に赤ちゃんだと大人よりも効き目を感じるようなので、
特に摂取量は守るようにしましょうね。

 

 

2.選び方を間違えやすい

オリゴ糖は市販や通販でも販売されているんですが
砂糖が入っているものもあって…。

特に乳幼児にと思っているなら
市販のシロップタイプには
砂糖が多く含まれているのでやめておいたほうがよいかなと思います。

 

今回はシロップって例に出したけど、
粉のものでも砂糖が入っているのものあるので
オリゴ糖ならなんでもOKというわけではない!

ということは覚えておきましょう。

 

 

3.継続する必要がある

オリゴ糖に腸内環境を整える作用があるとはいえ、
そんなすぐに腸内環境ってきれいになるわけではありません。

 

もちろん早ければ1週間くらいで、
腸内環境が改善され便秘気味を抜けたー!
ってこともあると思いますが、
最初の腸内の状況によっては
1ヶ月程度かかることもあります。

 

そこで、オリゴ糖を便秘改善に
と取り入れるなら、
数ヶ月くらいは続けて摂取するようにするのがベターです。

 

スポンサードリンク

 

知っておきたいオリゴ糖の選び方

通販でも市販でもいろんな種類のオリゴ糖が販売されていますよね。
でも一体どのオリゴ糖にしたらいいんだろう…

こどもが便秘だしオリゴ糖を購入しようかな~
と思うならオリゴ糖100%と記載があるものが安心です。

 

だってオリゴ糖100%の記載がない商品には
からなず砂糖が含まれていますからね!

 

そして天然由来の成分であることも大事です。

だって便秘改善にとオリゴ糖を摂取するなら
毎日摂りますよね?

 

オリゴ糖は天然甘味料なのですが、
実は中にはアスパルテームやL-フェニルアラニン化合物などの
人口甘味料が含まれているオリゴ糖もあるんです

そんな人口甘味料。
砂糖の100倍以上のも甘味を感じるんですよ。

それだけでなく、さすがに乳幼児に人口のものを与えるのは
体のことを考えても不安だし、避けたいところかと。

 

だからこそ、オリゴ糖の商品の成分までしっかり確認するようにしましょうね。

 

それからもう一点。

オリゴ糖にも種類が色々とあるんですが、
ビフィズス菌を元気にしてあげるには、
一種類だけや混合されている種類が少ないものではなく、
いくつもMIXされているもののほうが便秘解消の効果が高まります。

 

なので、せっかく選ぶなら
いろんな種類のオリゴ糖が混ぜらているものを選ばれたらよいかと思います。

 

さいごに

オリゴ糖の便秘効果や
乳幼児にオリゴ糖を与えるときってどうしたらいいの?
ということをお伝えしましたがいかがでしたでしょうか。

意外と赤ちゃんは便秘になりやすかったりするし、
時期によって便秘になったりもします。

あまりにも出ないようなら、天然のオリゴ糖を
白湯やミルク、スープなどの飲み物に混ぜ込んで
お子さんにあげて腸内環境を整えてあげるのも
便秘解消の一つかと思います。

ただ選ぶときにはよく成分を見ることを忘れずに、
天然成分のもの、添加物が含まれていないものを
選ぶようにしましょうね。

早くお子さんの便秘よくなるといいですね。

スポンサードリンク