赤ちゃんの咳や鼻水。
咳が激しかったり、鼻が詰まったりしていると赤ちゃんは本当に苦しそうですよね。

 

私も1月に息子くんが生まれたのですが、生後1か月過ぎたころから咳や鼻水が出始めてしまい…。
熱がないから病院な~って迷ったんですが、病院に連れて行ったんです。
そしたらなんと、RSウイルスに感染していると言われ、結果入院することに。

そこで咳・鼻水でも注意したいRSを発症したとき症状についてお伝えしていきたいと思います。

 

赤ちゃんの咳・鼻水が気になるな~、このまま病院に行かずに様子を見ていてもいいのかな~と思いながら気になってネット検索しているママさんに読んでいただきたい記事です。

では、まいりますッ。

スポンサードリンク

赤ちゃんは咳・鼻水でも要注意?

38度を超える熱が出たら即病院!というイメージはあるけど、咳・鼻水だけの症状だと、このまま家で様子を見ておいてもいいのかな~なんて思ったりしてしまいますよね。

 

私も生後1か月の息子が咳をしたり、鼻水が出始めたときはそんなに慌てることもないだろう!と思ったし、そんな急いで病院に行かなくてもいいかな~なんてのんきに構えてました。

 

だけど2日連続で夜中の授乳時に赤ちゃんの咳込が激しくて苦しそうで。
熱はなかったのですが、小児科を受診することに決め翌日小児科へ向かいました。

 

ちなみに私が生後1ヶ月の息子を病院に連れて行ったときの症状は

  • 熱はなし
  • 鼻水はちょっと粘り気あり
  • 痰が絡まったような咳
  • 咳が出るのはたいてい授乳後
  • 呼吸が乱れることはほぼなく、呼吸音も異常なし
    (ただ授乳後の咳込が激しい)
  • 機嫌もよく、寝れている

といった感じです。

 

小児科で受診するも最初は先生も風邪かな~といった感じでした。
ただ「念の為にRSウイルス検査もしておきますね」と言われ、検査してもらうとなんと陽性
その後すぐ総合病院で診てもらうことになりました。

 

総合病院では、いつごろから鼻水や咳の症状が出始めたのか?や赤ちゃんの機嫌やおっぱいの飲み、おしっこやうんちの回数など詳しく聞かれました。
そして胸の音を先生が聴診器で確認してくださったのですが、「う~~ん、めっちゃキレイ!とは言えないね。」
「2日前頃から咳や鼻水だとRSのピークは3~4日後だから、明日・明後日くらいがピークだと思うんですよね。1ヶ月とまだ月齢も小さいですし、今は症状が落ち着いていても重症化してしまう可能性もあるし、入院したほうが安心かな?とは思いますが、どうされますか?」と言われました。

 

突然の入院した方がと言われどうしよう?と戸惑いもありましたが、家に帰って何かあってからじゃ対処できない!と思い入院を決意。

 

入院が決まると即、採血や肺のレントゲンを取ったりと検査が行われ、脱水症状にならないためにと点滴もされました。
小さい手に点滴の注射針。
痛そうでかわいそうだけど、仕方ありません…。

 

レントゲンや採血の結果、息子は肺炎などへの二次感染はしていなかったので、まだRSでも症状が軽い方?のようでした。
 

赤ちゃんの咳や鼻水が全部RSウイルスというわけではないですが、RSが流行するシーズンの10月~3月にかけては、赤ちゃんの鼻水や咳でもなんだか気になる!とママセンサーが働いたら、早めに病院で診察してもらうのが一番かなと思います。

スポンサードリンク

赤ちゃんがRSに!症状って?

赤ちゃんから大人まで感染するといわれているウイルスで、とくに生後1歳までの乳幼児が初めてRSウイルスにかかると肺炎や細気管支炎を起こしやすいため、重症化するリスクが高いといわれています。

 

そんなRSウイルスですが、感染してまず症状が現れるのが鼻水です。
風邪を引いても鼻水はでますが、RSの鼻水は粘り気が多いことと鼻水の量が多いこの2つが特徴です。

 

鼻水の次に現れる症状が38~39度台の熱と咳
ただ熱は私の子供が出なかったように、絶対に熱が出るというわけではなさそうです。
そのため熱がなくても鼻水と咳が数日続き、赤ちゃんがしんどそうにしていたら、私の息子のようにもしかするとRSに感染しているかもと疑ってもいいかもしれません。

 

咳の特徴としては、最初は喉の炎症の咳かな?といった程度ですが、だんだんと鼻水が多くなり痰が絡みやすくなり、日中だけでなく、起床時や夜間寝ている間にも咳が出始めます。

 

そして咳がひどくなると、ゼーゼー、ヒューヒューという咳に変わります。
音が聞こえるような咳が出はじめると炎症が喉だけでなく、気管支にも広がっている可能性大です。

 

更に進行してしまうと細気管支炎になってしまうこともあるので、もしお子さんの咳がゼーゼー・ヒューヒューしてる?と思ったら要注意です。

 

なんたって乳児や月齢の小さい赤ちゃんほど、悪化するのが早いって言われてますからね。
呑気になんてしてられません。

 

とはいっても、RSの症状は上にあげた鼻水・38℃を超える発熱・咳と風邪の症状と見分けるのが難しいです。
だって私も息子の症状は風邪かな~と思っていたので、まさかRSウイルスに感染しているとは思わなかったですからね(´・ω・`)

 

そのため赤ちゃんの熱がなくても、鼻水や咳数日続いていたり、赤ちゃんがいつもより元気がなかったり、食欲が減っているような気がすると思うなら、早めに病院で診てもらうのがベストかな?と思います。

さいごに

赤ちゃんの鼻水や咳の症状。
熱がなければ放っておいてもいいのかな~なんて思いがちですが、とくに月齢の小さい赤ちゃんは熱がなくても鼻水や咳が数日続くようであれば私は病院で診てもらっておくほうがよいかな?って思います。

だってもし様態が急変したり、悪化してから、「あのときちゃんと病院にって思いたくないじゃないですか~!!」
それになにより、赤ちゃんの様態を専門の先生に診てもらって「たいしたことない」って言われたらそれで安心ですしね。

 
一番側でいつも赤ちゃんのお世話をしているママが「あれ?ちょっと赤ちゃんの鼻水や咳苦しそうだな?」と思ったら、熱がなくても病院へGOですよ~。

スポンサードリンク