クリスマスといえばプレゼント。
特に子供はサンタさんからのプレゼントを
楽しみに、そして心待ちにしてますよね。

 

そこでせっかくプレゼントを渡すなら
子供へビックサプライズを仕掛けて
大喜びしてもらいませんか。

 

今回は私が見つけた
子供も仕掛けた親も楽しめる
クリスマスプレゼントを渡すときの演出について
紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

クリスマスプレゼント子供を笑顔にする演出って?

子供はクリスマスプレゼントを
サンタさんからもらえるだけでハッピ~♪なのですが、
もっとお子さんにクリスマスのイベントを楽しんでもらいたい!
と思うならプレゼントの渡し方を少し工夫してみてはいかがでしょうか。

 

プレゼントの渡し方を工夫っていってもどうやって?

そのヒントを今から紹介していきますね。

サンタクロースからの電話を手配

友達や兄弟などに協力してもらう必要があるのですが、
家族揃って食事している最中に電話を掛けてもらうように
依頼しておきます。

掛けてもらう電話の内容は
「煙突がなくてお家の中に入れなかったから
玄関にプレゼントを置いてきたからね。」というものです。

 
もちろん、この電話を受け取った直後
子供は玄関に一直線。

そのため食事の支度をしている間に
子供の隙を見計らって
そっとプレゼントは玄関に出しておいてくださいね。

 

この作戦を成功させるポイントは
・家族揃っている時間に電話がかかってくること
・電話のタイミングは予め何時何分頃にかけて欲しいと指定しておくこと

この2点です。

 

サンタさんの登場?!

なんとなんと!
サンタさんに実際に家に来ていただき
登場してプレゼントを渡してもらうのはいかがでしょうか。

この演出も友達や親族の協力してもらう必要があるのですが、
お子さんが布団に入って寝る時間頃に
サンタの格好した友人に家の中に入って
プレゼントを直接渡してもらいます。

 

作戦としては
子供が布団に入った頃に「今日はサンタさんくるかな~」などと
お父さんがいい、そんな話を子供としていると友人がサンタの格好をして
「メリークリスマス!」と言いながら部屋に入ってきてくるというもの。

子供にプレゼントを渡すときには
「来年も良い子にしてたら会いに来るからね」ということと、
次のお家のお子さんにプレゼントを配りに行かないといけないことを伝え
サッと部屋から出て行ってもらいます。

 

ポイントは大人のお父さんやお母さんには
サンタさんが見えない設定にしておくこと
です。

 

お父さんお母さんにも子供と友人のやり取りは見えますが、ここは知らんぷり!
プレゼントを見て「え?このプレゼントどうしたの?」
と大げさなくらいビックリしたリアクションを取って
子供からどうやってプレゼントをもらったのかを聞いてあげてくださいね。
きっと嬉しそうな顔でお話してくれるはずです。

 

友人に頼む以外にも…

英会話学校の外国人講師の方がサンタになって家を訪問してくれ
あらかじめ用意しておいたプレゼントを渡してくれる派遣サービス
もあるようです。

ただサンタ派遣サービスがある地域とない地域があるようなので、
面白そう!と思われたなら、サンタ派遣サービスで調べてみてくださいね。

 

サンタさんからの手紙

サンタさんにプレゼントとは別に
手紙を送ってもらうという方法もあります。

お子さんがまだ小学生未満で小さく
漢字などの字が読めない場合は
実家や兄弟にお願いして24日or25日にクリスマスハガキが着くように
お願いしてサンタになりすました手紙を送ってもらいましょう。

お母さんやお父さんとは筆跡も違うので
子供もすんなりとサンタさん信じてくれますよ~。

 

もし外国人のお友達がいらっしゃるようなら
両親ではなく、お友達にお願いして
英語でクリスマスメッセージを書いて郵送してもらうのも
一つの方法かな?と思います。

 

文字が読める小学生以上のお子さんには…

フィンランドのサンタクロースから
手紙が送られてくるサービスもありますよ。

 

ただ手紙はフィンランドから国際郵便で届くので
日付の指定が出来ないんです。
そのため12月24日or25日に確実に届くか?
と言われるとなんとも言えません。

 

それでも消印もサンタクロースと
滅多に見られるものではないので、
手紙を受け取ったお子さんは
サンタさんからの手紙だ!と大喜びするのではないかと思いますよ。

詳細はこちら⇒サンタクロースからの手紙で確認してくださいね。

 

寝る前にサンタさんへの夜食を準備

サンタさんはみんなのお家を一軒ずつまわって
プレゼントを届けるため大忙しですよね。

そこで「サンタさん、一晩中プレゼントを子供に届けると
お腹も空いちゃうだろうね~」と言って
子供と一緒にツリー下にサンタさんへの夜食を用意して
寝てみてはいかがでしょうか。

 

翌朝には用意した夜食と飲み物が空っぽになり、
横にプレゼントと「美味しかったよ、ありがとう。メリークリスマス!」
と書かれたメッセージカードが添えられていたら
子供も朝からテンション上がること間違いなしです。

 

スポンサードリンク

クリスマスプレゼント子供への渡し方の定番といえば

枕元にプレゼント

クリスマスプレゼントといえば枕元。
これがやはり定番ですよね。

 

私が子供の頃もプレゼントはやはり枕元でした。

 

定番の渡し方かもしれませんが、
それでも朝起きて枕元に自分が欲しくて
サンタさんにお願いしたプレゼントが
届いていたのは嬉しかったですよ。

 

小学生になるかな?くらいの時期からは
サンタさんからの手紙もプレゼントと一緒に
届くようになりましたしね。

そのため妹は手紙が届いてからは
嬉しくてクリスマスイブの日には
サンタさんへの手紙を書いて
枕元に置き眠っていましたよ。

 

クリスマスツリーの下

日本ではあまりクリスマスツリーの下に
プレゼントを置くことは少ないのかもしれませんが、
欧米のクリスマスプレゼントといえば
クリスマスツリーの下が定番中の定番です。

 

私は留学中に一度だけアメリカでのクリスマスを体験したのですが、
日本とは違って家族それぞれへのプレゼントが
ツリー下に置かれるんですよ!

もちろん全部がサンタさんからではないですよ。
パパやママからのプレゼントもあります。
そのためサンタさんからのプレゼントには
for○○from Santa Clausと書かれていました。

 

私がツリー下のクリスマスプレゼントもいいな~
と思ったのが、プレゼントが一つではないので
一個ずつ包装を開けていく楽しみが
何度も味わえること
です。

 

だって何に中が入っているんだろう?
と思いながら包装紙をを開けていく瞬間って
ワクワクしませんか?

 

それが一回じゃなくて数回味わえるんですよ~。
楽しくてしょうがないです。

 

また子供の分だけでなく、
家族の分もプレゼントが準備されるので
子供と一緒に両親もプレゼントを開けるワクワク感を
楽しめるのがいいな~と思いました。

 

私が思うクリスマスツリーの下に
プレゼントを準備される時のポイントは
やはり大きいプレゼントを一つド~ンと置くよりは
プレゼントを開けることを楽しんで欲しいので
小さいプレゼントをいくつか用意すること
かな?
と思います。

 

さいごに

クリスマスプレゼントの渡し方、
定番以外にも色んな方法がありますね。

 

子供を笑顔にそしてサプライズでプレゼントを
と思うと悩みますが、
少しでもアイデアの参考になるものが
見つかれば嬉しく思います。

 

私も今年どうやって子供にプレゼントを渡すか
旦那と相談して決めなくっちゃです。

お互いクリスマスには子供を大喜びさせちゃいましょうね。

スポンサードリンク