こんにちは。
かぁちゃんです。

 

妊娠後期のGBS検査。
必須検査項目なため、とりあえず検査を受けると思うのですが「陽性」と結果出ると「え…?」ってなりますよね。
そして、GBSで陽性が出るとどんな影響があるの~?と気になりネット検索で色々調べると思うんですよ。

 

実際わたしも二人目の妊娠後期GBS検査で陽性反応が出て、GBSって何?
陽性だとどうなるの~?と思い、病院の先生にも色々聞きましたし、ネットでもたくさん調べましたもん。

 

そこで今回は私が実際に調べて知ったGBSって何?どうして検査するの?という疑問からGBSでプラス反応が出たとき、病院では出産時どのように対応するのか?について私の体験談をまじえながらお伝えしていきたいと思います。

 

GBSの検査で陽性でGBSについて知りたい!GBS陽性で出産した人の話が聞けたらな~と思っているママさんにこそ、読んでいただきたい記事です。

では、まいりますッ。

スポンサードリンク

妊娠後期のGBSで陽性!GBSってそもそも何?

GBSの検査で陽性が出るとまず気になるのが、そもそもGBSって何?ってことではないでしょうか。

 

GBSとはB群溶血性連鎖球菌(B群溶連菌)と言われるもので、普段悪さをする菌ではなく、膣や肛門、直腸にいる常在菌なんです。
そのため自覚症状はないのですが、妊娠中のママさんの10~30%、5~10人に1人程度の割合でB群溶連菌の菌が検査で発見されるようです。

 

だから妊娠後期のGBSのおりもの検査でプラス反応が出たとしても、そんなに慌てることはありません!

 

じゃあ、なんでGBSの検査をする必要があるの?って思いますよね。

 

それは、母親がGBSの菌を持っていると産まれてくる赤ちゃんが産道を通って出てくるときに赤ちゃんに菌がついてしまい新生児のお子さんがGBSに感染してしまう可能性があるからです。

 

とはいっても、産道感染の確率はものすごく低いし、感染しても必ず発症するわけではありません。
だけど、赤ちゃんが生まれてくるときに産道でGBS菌に感染してしまうと、新生児GBS感染症と呼ばれる合併症状を引き起こし、重症になることもあるんです。

 

重症化する確率はものすごく低く0.1%以下(2000~3000分娩に1人)と言われていますが、病院側でママがGBS菌保持者だと把握ができていたら、新生児の様子がちょっとおかしかったり、赤ちゃんに呼吸の乱れや発熱があった場合、病院側でスムーズに対応できますからね。

 

そのため妊娠後期にお母さんにGBSの菌がいるかどうかを調べておくといった感じです。

 

GBS感染による赤ちゃんへの影響や症状についてはこちら⇒新生児の赤ちゃんがGBSに感染し発症したときの症状や検査方法に詳しくまとめてますので、よったら参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

B群溶連菌が検査で出たときの出産時の対応は?

一般的に、GBS検査で陽性反応が出た場合は出産時に抗生物質の点滴を行います。

 

なぜ出産時なのか?というと、GBSはそんなに強い菌ではないんです。
なんたって常在菌ですからね。

 

そのため膣剤などの抗生物質を入れることでも菌を退治することはできるのですが、菌をやっつけたからといってこれでOKではなく、菌が復活することもあるんです。
で、何度も抗生物質なんてことになると、肝心の出産時に抗生物質が効かない!なんてことになりかねないんです。

 

そのためGBSの検査で陽性反応が出た場合は、出産時に点滴を行ない産道感染を予防します。

 

ただちょっと覚えておきたいのが抗生物質の点滴は打ってすぐ効果が現れないってことです。
最低でも抗生物質を投薬してから30分以上、投薬後約2時間経過していると確実に効いているので安心です。

 

そのため経産婦さんでGBS陽性反応が出ているのであれば、少し早めに病院に行って点滴してもらいながらお産に備えるのが安心かな~と思います。

 

ただし、抗生物質の点滴をしたから100%新生児の赤ちゃんに感染しないとは言い切れません。
だけど私が出産した病院の先生に聞いたところ、GBS+反応が出て点滴をして出産に臨んだ妊婦さんで赤ちゃんがGBSを発症し重症化したケースは今のところはない!だからそんなに心配しすぎなくて大丈夫だから!と言われました。

 

GBS陽性!出産時に私が病院でされた処置はこうだった!

私がGBSプラスの反応が出たのは妊娠35wのとき。

まだお産までに少し時間もあるということで、膣に入れる抗生物質が出ました。
出されたのは、ハイセンチン膣錠100mg(クロマイ膣錠のジェネリック医薬品)です。
これを7日間、寝る前に1錠、膣に入れるようにと言われました。

その結果、次の週36wの内診でGBSが陽性から陰性に変わっていました。

ただ陽性から陰性に変わったものの、出産時にはまた陽性に戻っていることもあるということで、「出産のときは点滴に抗生物質を投与するからね」と先生からは再度伝えられました。

 

そしてお産のとき、陣痛もキツくなってきて病院に向かうとまず子宮口が開いているかのチェックがありました。
この時ですでに4cmも開いたため、先生から伝えられていた通り、点滴準備がされ、抗生剤の投与が行われました。

ただ私は2人目の出産だったので、病院についてから子宮口が全開になるまでも時間がかからずで…。
結局、点滴をしてから破水まで約40分。
点滴をしてから約1時間後には赤ちゃんが生まれるという超短時間の出産となり、抗生物質の投与が効きはじめる30分以上は満たしているものの、効果がしっかりと現れる2時間は満たしていませんでした。

 

出産時に点滴してからお産までが早く抗生物質が十分に効かなかったからなのかは定かではありませんが、出産翌日に助産師さんより「新生児の息子からGBS菌が検出されたので、今のところ熱もないし呼吸も安定しているから心配ないけど、採血させてね」と言われました。

ちなみに息子は採血結果は特に問題なく、今のところ息子も元気にすくすくと成長中です。

 

GBS陽性反応だと必ずといっていいほど、出産時に点滴での抗生剤投与があります。

ただ先ほどもお伝えしたように抗生剤は投与後すぐ効果が出ないんです…。
そのため経産婦さんであれば、ご自身が思っているより早くお産が進むことが考えられるので、早めに病院に向かわれ点滴を通じての抗生剤投与をしてもらったほうが、安心かな~と思います。

前回の子宮口が開いてからお産までが早かった経産婦さんはとくに早めに動かれてくださいね。

 

さいごに

GBSの検査で陽性が反応がでると「え…、どうしよう?」と思ったり、ネットで検索して不安になったりすることもあると思います。

わたしも実際陽性反応が出た日はすごく新生児への感染が心配になりましたし、出産が不安だな~と思ったりもしました。
だけど、病院の先生も言われているようにGBSの菌が新生児に感染する確率も低いですし、重症化に陥るケースも本当に少ないです。

それに病院側でもあなたがGBS保菌者ということが分かっているので、産後すぐはとくに赤ちゃんの様子もよく気にかけてくださいますし、何かあったときの対応もしっかりと備えてくださっています。

 

だから心配にならないで!なんて言っても気になることはあると思いますが、赤ちゃんの免疫力・担当の先生や助産師さんを信じてお産に臨んでくださいね。

ママが不安だと赤ちゃんにも不安が伝わっちゃいますから、ここはど~~んと構えてです。

何事もなく無事出産し、可愛い新生児の赤ちゃんとご対面できますように。

スポンサードリンク