妊娠中は普段気にならないことが気になり
「○○ってしても赤ちゃんに影響ないかな?」
「○○は大丈夫なのかな?」
と心配になりますよね。

 

そこで今回は、
冬時期に猛威をふるうインフルエンザの予防接種について
・予防接種を受けたほうがいいのか?
・胎児への影響は?
・ワクチン接種で避けたほうがいい時期ってあるの?

の3点についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種妊婦は受けたほうがいい?

結論からズバっと言うと
妊婦さんはインフルエンザの予防接種は受けたほうがいい
と言われています。

なぜかというと
妊娠中にインフルエンザにかかると
症状が重症化しやすいからなんです。

 

普段は体力や免疫力に自信があっても、
妊娠期間中はお腹の中にいる赤ちゃんに栄養を奪われますし、
母体が胎児を攻撃しないためにも
免疫力は妊娠前の半分くらいまで減少してしまうんです。

また妊娠中は胎児へしっかりと血液を送るために
循環血液量が増加し、心臓の仕事量が増え、
心臓への負担や肺機能の負担が
妊娠前と比べて大きくなります。

 

そのため万一インフルエンザにかかってしまった場合
妊娠していないときと比べて
合併症を併発するリスクが高くりなり、
妊娠中はインフルエンザにかかると
重症化しやすいと言われています。

インフルエンザの症状が重症しやすくなるリスクなんですが、
実は妊娠の週数が進むにつれて
どんどん大きくなっていくんです。

14~20週 ⇒ 1.4倍

27~31週 ⇒ 2.6倍

37~42週 ⇒ 4.7倍
きゅーさん@産婦人科医さんのブログ参照

 

そのため特にインフルエンザの時期に
妊娠後期を迎えるプレママさんは
インフルエンザのワクチンを接種しておいたほうが
インフルエンザに掛かったときのリスクを考えると安心かな?
と思います。

 

私がインフルエンザの予防接種が妊婦さんも
必要だと思ったのは、
かかったときの重症化を防ぐためなんですが、
他にもワクチン接種をするメリットがあるので
紹介しておきたいと思います。

 

早産・流産リスクの軽減

インフルエンザなどで高熱が続いてしまうと
赤ちゃんへの影響することもあるんです。
そうなると早産や流産のリスクが
高くなってしまいます。

そのため100%ではないにしろ、
予防接種をし、インフルエンザになる確率を下げることで
流産や早産のリスクを少しでも減らすことができます。

 

薬が飲めない

妊娠中はあまり薬が飲めないことは
よく知られていると思います。

インフルエンザにかかったときは
タミフル・イナビル・リレンザの3つの抗ウイルス薬は
処方してもらえるのですが、
解熱剤・鼻水止め・咳止めなどの薬は
強い薬は出してもらえないので、あまり効かないんです。

そのたインフルエンザにかかってしまった場合は
薬は処方してもらえるけど、
症状が収まらず、治るまで辛いということは
知っておきましょう。

 

赤ちゃんがインフルエンザにかかりにくくなる

ワクチンを接種したあと
インフルエンザに対する抗体が作られるのですが、
お母さんの体で作られた抗体が
胎盤を通じで胎児に移動すると言われています。

生後6ヶ月未満の赤ちゃんは
インフルエンザワクチンを打てないのですが、
お母さんがインフルエンザの予防接種をすることで
冬場に生まれてくる赤ちゃんが
インフルエンザにかかるリスクも減らすことができます。

 

インフルエンザの予防接種悩むな~!
というプレママさんもいてると思いますが
私も実は今妊娠中なんです。
ちなみに赤ちゃんは1月に生まれてくる予定。

で、私はどうするか?
なんですが、ワクチン接種しますよ笑!
インフルエンザにかからなければ
一番いいのですが、わからないですし
万一かかったときのリスクを考えると
予防できるものはしておきたいですからね。

 

これは私の意見ですが、
一人の妊婦さんの意見として参考にしてもらえたら
と思います。


スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種で妊婦さんが気になる胎児への影響について

さて、最初に私インフルエンザの予防接種は
妊婦さんもしたほうがいいですよ!
とお伝えしましたが、
ワクチンが胎児に影響がないかも気になりますよね。

結論から言うと
インフルエンザの予防接種は
胎児へ影響がないと言われています。

なぜかというと
ワクチンには生ワクチンと不活化ワクチンの2種類あるんですが
インフルエンザのワクチンは不活化のワクチンだからなんです。

 

不活化ワクチンって?

毒性をなくし、菌が既に死んでいるワクチンです。
そのためインフルエンザのワクチンを注射しても
活動しているインフルエンザ菌が体内に入るわけではないので
インフルエンザウイルスが増殖することも
インフルエンザに感染することもありません。

そのため安全で胎児にも影響がないと
言われています。

 

ちなみに生ワクチンって?

生ワクチンは菌は弱らせているけど、
それでもまだ菌が生きているワクチンのことです。
活動中のウイルスを体内に入れるので
胎児へもウイルスが移動してしまう可能性があります。

そのため生ワクチンの接種は
妊娠中禁忌とされています。

 

インフルエンザの予防接種で妊婦さんが避けたほうがいい時期ってあるの?

インフルエンザの予防接種は
いつまでは避けたほうがいい!
という時期は特になく、
どの妊娠週数でもワクチンを接種することはできます

 

ただ妊娠初期は妊娠が不安定で
薬などの影響も大きく
流産などが起こりやすい時期です。

そのため一般的には予防接種は避け
安定期に入った中期ころに接種する方が
より安心とは言われています。

 

とはいえインフルエンザの抗体が作られるのは
ワクチン接種後2週間からなんです。
そのためまだ妊娠初期段階であったとしても
インフルエンザを予防したいのであれば
インフルエンザのピークがくる1ヶ月前の
11月頃には予防接種を打つようにしましょう。

 

さいごに

インフルエンザにかからないのが一番なのですが、
それは分かりません。

ただできることは予防すること!
その一つの手段が予防接種です。

副作用も絶対に出ないとは言えませんが、
インフルエンザにかかってしまったときの
症状の辛さや重症化してしまうリスクを考えると
私は予防接種をしておいたほうがいいのでは?
と思います。

少しでも予防接種を悩んでいるプレママさんが
ワクチン接種を受けるか・受けないか判断する材料になれば
嬉しいです。

スポンサードリンク