妊娠中は免疫力がどうしても下がってしまうため
普段はかからないのにインフルエンザに感染してしまったり、
予防接種を打ったのに感染してしまうこともあります。

 

そこで今回は
・妊娠期間中にインフルエンザにかかってしまったときにどうしたらよいのか
・妊婦さんでも抗インフルエンザ薬は飲んでも大丈夫なのか

ということについてお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

妊娠中インフルエンザにかかったらどうしたらいいの?

インフルエンザにかかったから
絶対に病院に行かないといけない
ということはないのですが、
妊婦さんはインフルエンザにかかってしまうと
合併症などを引き起こしやすく
重症化しやすい
んです。

そのためインフルエンザかも…
と思う症状が出たら
病院で診てもらうようにするのが安心です。

 

病院は産婦人科?それとも内科?

一般的には内科で診てもらうことが多いのですが、
中には産婦人科で診てくださるところもあります。

ただインフルエンザかな~
と思う症状がある状態で
直接産婦人科に行くのはダメですよ。
あなたと同じように
赤ちゃんがお腹にいる妊婦さんがたくさん居てますからね。

 

産婦人科で診てもらえるなら診てもらいたい!
と思うのであれば
まずは掛かりつけの産院に電話して
インフルエンザらしき症状が出ていることを伝え
どうしたらいいのか指示を仰ぎましょう。

 

そして病院に行かれる際は
他の人へ移してしまったり、
他の人から別の型のインフルエンザをもらわないように
マスク着用は絶対ですよ~。

それから母子手帳も忘れず持参して
内科を受診される場合は
妊娠週数もきちんと伝えるようにしてくださいね。

 

実は病院側が薬を処方するときに一番気にかけることが
妊娠期間の「いつ、その薬を使うか」なので。

だって妊娠週数によって赤ちゃんの成長過程が違うため
薬が胎児に及ぼす影響も変わってきますからね。

そのため妊娠の週数によっても
薬の処方が変わってくるので、
お腹の赤ちゃんのことを思うのであれば
しっかり妊娠何週目なのかを
内科の先生に診察時に伝えるようにしましょう


スポンサードリンク

インフルエンザの薬妊婦は飲んでも大丈夫なの?

妊娠中は薬を飲まないに越したことはありません。
ただ妊婦さんのインフルエンザの症状によっては
抗インフルエンザ薬や解熱剤などが処方されることがあります。

「え?タミフルが処方されることもあるってこと?」
「妊婦さんがタミフルって大丈夫なの?」
と心配になるかもしれませんね。

でもね、抗インフルエンザ薬のタミフルは
発症してから48時間以内に飲むと
最も重症化防止に効果がある
と言われているんですよ。

そのためインフルエンザにかかると
重症化してしまうリスクの高い
特に妊娠後期の妊婦さんは
タミフルなどの抗インフルエンザ薬を処方されることが多いんです。

 

そりゃ~もちろん100%薬が安全で保障されているわけではないですよ。
だけどそれでも病院側がその薬を選んで処方する場合は
今の症状のままインフルエンザを放置しておくほうが
デメリットが大きいと判断したとき
です。

 

もしタミフルなどの抗インフルエンザ薬を処方されたら
赤ちゃんへの影響も心配になり
服用することを躊躇うと思います。
だけど症状が重症化してしまってからの方が
胎児へ与える影響が大きくなってしまいますからね。

病院から抗インフルエンザ薬を処方された場合は
指示のあった期間しっかり薬を服用するようにしてくださいね。
インフルエンザの重症化については
妊婦さんはインフルエンザが重症化しやすい?ワクチン接種のメリットは?
に詳しくまとめてますのでよかったら参考にしてくださいね。

 

さいごに

インフルエンザにかからないことが一番ですが
もしインフルエンザに掛かってしまったときは
早い段階で病院で診察してもらい、
抗インフルエンザ薬が処方された場合は
病院の指示に従い薬を服用するようにしましょう。

 

いつもならインフルエンザにかからなかったり
インフルエンザにかかってもすぐに治ったりするかもしれません。
だけど妊娠している今は普段と比べ免疫が落ち、
胎児に栄養や血液を送っている分
ご自身の体に負荷がかかっているんです。

たかがインフルエンザでも重症化することもあること
忘れないでくださいね。

スポンサードリンク