妊娠中にインフルエンザ?
と思う症状が出ると
お腹の赤ちゃんは大丈夫なのだろうか
と不安になったり、心配になったりしますよね。

 

そこで今回は
・インフルエンザウイルスは胎児にも影響するの?
・インフルエンザ薬を服用すると赤ちゃんへ影響が出る?
・どんな時にインフルエンザで胎児に影響があると言われているの?

ということについてお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

妊娠中のインフルエンザで胎児への影響ってあるの?

インフルエンザウイルスによる胎児への影響は?

お腹の赤ちゃんは胎盤を通じて
ママから酸素や栄養をもらったり
老廃物を渡したりして
日々スクスク成長しています。

でね、この胎盤なんだけど
インフルエンザのウイルスが
母体から胎児へ行かないように
しっかりブロック
していくれているんです。

 

だからもし
ママがインフルエンザにかかってしまったとしても
お腹の中の赤ちゃんがインフルエンザに感染してしまう
ということはありません。

インフルエンザウイルスが胎児に影響がないよ~
といわれているのはこのためです。

 

抗インフルエンザ薬による胎児への影響は?

妊婦さんは基本的に薬はNGなのですが、
インフルエンザに掛かったときは
抗インフルエンザ薬を処方されることもあります。

「え…薬がダメなのに抗インフルエンザ薬って
胎児に影響はないの?」
と心配になってしまうかもしれませんね。

 

だけどね、
妊娠期間中にインフルエンザにかかってしまうと
妊娠していない時と比べて
症状が重症化しやすいんです。

そのためインフルエンザに掛かって
48時間以内だと重症化を防げる確率が高いため
タミフルやリエンザなどの抗インフルエンザ薬の
服用をとおっしゃるお医者さんが多いです。

 

なぜかというと
インフルエンザに対して薬を処方せず
そのまま放置するほうがデメリットやリスクが大きく
薬を飲んで症状を和らげたほうが
メリットが大きいから
です。

 

100%薬は安全とは言い切れませんが
現在、抗インフルエンザ薬の服用による
胎児への影響は出ていないと言われています。
なのでもしお薬を処方された場合は
薬を飲んでご自身の症状を落ち着かせましょう。


スポンサードリンク

胎児にインフルエンザの影響が出てしまう場合って?

インフルエンザウイルスや
抗インフルエンザ薬による胎児への影響はないと
お伝えしましたが、
妊婦さんがインフルエンザにかかると
胎児に影響が出てしまうこともゼロではないんです。

 

え…?
ウイルスも薬もお腹のベビーに影響がないのに?
と疑問に思われるかもしれません。

 

だけどインフルエンザに掛かってしまうと
お腹の赤ちゃんに影響が出てしまう場合もあるんです。

その原因は?というと
妊婦さんのインフルエンザの症状の状況なんですよ!

 

どういう症状が
お腹の中の赤ちゃんに影響を及ぼすかというと
3日以上続く高熱や1~2週間以上続く咳です。

 

まずこのような状態が続くと
お腹が張りやすくなるので
切迫早産になってしまう可能性が上がってしまいます。

それだけでなく、
高熱は羊水の温度を上昇させ
胎児の心拍数が増えるため
赤ちゃんが酸欠になってしまったり。

高熱・咳の両方に言えることですが
お腹が頻繁に張ったり、
ママが呼吸がしにくいな~という状況では
胎盤を通じてお腹の中の赤ちゃんに送られる酸素も
少なくなってしまったりしてしまいます。

 

その結果として
胎児に脳障害や発達遅延などを
引き起こしてしまうリスクが高まると言われているんです。

 

そのためインフルエンザにかかってしまったら
一番大事なことは
しっかりと休養して
水分・栄養をしっかりと摂り
一刻も早く熱を下げたり
咳などの症状を沈めること。

これに尽きると思います。

 

そのためにご自身の症状の状態によっては
お医者さんと相談して
妊婦さんでも服用できる
解熱剤や咳止めなどのお薬を使うのも
ひとつの手だと思いますよ。

 

さいごに

インフルエンザに掛かってしまっても
基本的にお腹の赤ちゃんへの影響はありません。

ただ高熱や咳などの症状が続いてしまうと
お腹の中の赤ちゃんも苦しくなってきてしまいます。

 

一番は薬に頼らず治すことかもしれませんが、
どうしても症状が辛く長引く場合は
お医者さんに相談して薬を服用してでも
早めに症状をやわらげるようにしましょうね。

スポンサードリンク