ノロやロタなどの胃腸炎などで激しく子供が嘔吐すると心配になるのが脱水症状ですよね。

 

そんなひどい嘔吐の時に与えたいオススメの飲み物や控えたい飲み物を紹介していきます。

 

子供の回復を早めるためにもよかったら参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

子供が嘔吐したおきの水分補給オススメな飲み物

子供が嘔吐したときに、一番オススメなのがドラックストアなどで販売されているOS-1などの経口補液水です。

 

どうして経口補液水がいいのか?!というと、嘔吐などで水分が体内から出ていくときに一緒にナトリウムなども一緒に出て行ってしまうんですよ。
そのため水ではなく経口補液水を飲んだ方が、塩分と塩分の吸収をよくしてくれる糖が適度なバランスで配合されていて、失った電解質を効率よく身体に補給してあげることができるからです

 

そのためか、経口補水液は飲む点滴とも言われていて、しかも水と比べると吸収率は約25倍!!

 

多くの水分が失われた分、効率よく水分補給できるため、ひどい嘔吐や胃腸炎などの嘔吐時にはオススメです。

 

ただ経口補液水は1日に飲んでもいい量が
幼児 300~600mL(g)/日
乳児 体重1kgあたり30~50mL(g)/日

と決まっています!!

 

そのためいくら嘔吐の時に適切な飲み物だとしても、飲み過ぎは塩分過多になってしまいますので、お子さんに適切な量を超えてあげすぎないようにしてくださいね。

 

ちなみに家にOS-1やアクアライとなどの経口補水液がないときは、自宅でも簡単に作れますよ~。

 

材料はというと
湯冷まし1リットル
砂糖40g
塩3g

 

この材料を混ぜ合わせて砂糖と塩を溶かすだけです。

 

もし経口補水液を作るのがちょっと面倒だな~という場合は、味噌汁やコンソメスープなどのスープ類やポカリなどのスポーツドリンクを水で薄めて塩をひとつまみ程度足したりしても代わりになります。

 

突然の嘔吐で、経口補水液が自宅にないときにはササっと作ったり代用できるものを活用してみてくださいね。

スポンサードリンク

子供が嘔吐したときに控えたい飲み物

カフェインの含まれる緑茶やウーロン茶などのお茶

お茶を水分補給にと飲むこともあると思いますが、カフェインの含まれているお茶は利尿作用が働きます。
そのため激しい嘔吐の後などの水分補給には不向きです。

 

そのためお茶でも麦茶やお白湯がオススメです。

 

牛乳

牛乳は胃に膜をはってくれる働きがあるから、嘔吐したあとにいいのかな~?!と思いますよね。
だけどね、牛乳には脂肪や乳糖が入っていて消化するのに胃腸に負担をかけてしまうんですよ。

 

そのため胃腸炎などで胃腸の働きがまだ完全に回復しきっていないときに牛乳を飲んでしまうと、せっかく動き出した胃腸に負荷をかけすぎてしまい、逆効果になってしまうこともあります。

 

柑橘系のジュース

オレンジジュースやグレープフルーツジュースは口の中もサッパリしそう!!と思ってしまいがちですが、嘔吐後は控えたほうがいいです。

 

というのも柑橘系のフルーツは消化吸収よくないので、胃に負担をかけてしまうんです。

 

そのためまだ胃腸が回復しきってない状態で柑橘系のジュースを飲んでしまうと、胃腸への刺激が強く吐き戻してしまう可能性もあります。

どうしてもオレンジジュースじゃダメ!!という場合を除いては、極力避けるようにしましょう。

 

さいごに

嘔吐後の水分補給の一番のオススメは薬局などで販売されている経口補水液。
失われたナトリウムやカリウムなどが配合され、しかも体に素早く吸収されるように糖分も入っていますからね。

 

だからお子さんが経口補水液を飲んでくれるなら、嘔吐後の水分補給には経口補水液をあげるのが一番です。

 

とはいえ、子供によっては経口補水液の味がイヤだったり、あまり好きじゃないから飲みたくないという場合もありますよね。

 

そんなときは、経口補水液にこだわらなくてOK

お子さんが飲みやすいものや飲みたい!!というものを少量ずつ飲ませてあげるようにしましょう。

 

だって水分を取らないことより、飲みたいものでも水分を取らせることのほうが大事ですからね!!

ただジュースの場合はストレートだと糖分も多いので水で薄めて飲ませてあげるようとよいかな~と思います。

 

激しい嘔吐後の水分補給って何をあげたら…と思ったときの参考に少しでもなれば嬉しく思います。

スポンサードリンク