京都市動物園に年中の娘と2歳の息子を連れ、家族で行ってきました。

動物園って広すぎると子どもも歩くのにヘトヘトになってしまうじゃないですか( ;∀;)
でも京都動物園はその点子供にやさしい。
幼稚園生の娘も2歳の息子も動物園にいる間はほっとんど自分の足で歩いて楽しんでましたから(笑)

そんな子供にとってもイイ大きさの京都動物園。
でも、どのくらいの時間があれば見て回れるのでしょうか。
我が家のケースも含め、だいたいの所要時間をお伝えしたいと思います。

京都動物園の滞在時間は?!

京都動物園の滞在時間。
京都市動物園が行った平成20年11月のアンケートによると、1~3時間の滞在時間が多いです。

約7割の方が、1時間~3時間くらい滞在されるみたい!!


参照:http://www5.city.kyoto.jp/zoo/uploads/image/kousou_enquete.pdf

 

ちなみに我が家はお昼のお弁当休憩をはさんで4時間ちょい。
結構長く滞在しました!!

その理由は、子供が動物とのふれあいを楽しみにしていたから

 

動物園内のスペースにちょっとした動物のふれあえる場所があるんですよ。
触れ合える動物は、ヤギ・ミニブタ・ひつじ。
午前・午後ともに触れ合える時間があるのですが、お昼休憩があるんです。

ふれあい時間
午前9:20~11:30
午後13:15~16:00

お昼11:30~13:15は動物さんのお食事タイムで、ふれあい広場からお部屋に戻ってしまうんですよー。

 

でも午前中は、ライオンやぞう、ゴリラやチンパンジーを子供が見に行きたいと、そっちメインに。
それだけでも1時間は軽く過ぎてしまうので、お昼休憩。
となると、午後のふれあいも休憩時間に入ってしまい、午後の再開を待たなきゃいけなくなってしまったんです( ;∀;)

もちろん待っている間に、おさるやきりん、カバ、フラミンゴなど動物を見に行ったり、園内のちょっとした遊園地(電車や観覧車など)で遊んだりと子供は楽しめることいっぱいなのですが(笑)

いつでも触れ合えるのではなく、ふれあい広場はお昼休憩があるということを把握しきれてなかった( ̄▽ ̄)
これが我が家が滞在時間が長くなった一つの原因かな~と思います。

 

それからふれあいタイム。
土日・祝日は、ウサギとテンジクネズミを触れる時間帯が決まっているんです!!

ウサギ       午前11:00~午前11:40
テンジクネズミ   午後1:30~午後2:10
ウサギ      午後2:30~午後3:10

 

このこともすっかり抜けていて、我が家はテンジクネズミのみふれあいに参加。
貴重なふれあい時間なので、ある程度の人が殺到。
そのため少し並んで順番待ちをしたというのもあります。

と、こんな感じで動物とふれあっているとあっという間に時間が過ぎ、我が家は気づけば4時間も滞在していました。

 

ちなみに、ウサギやテンジクネズミのふれあいタイム。
開始時間すぐはすんごい並んでいるけど、だんだん列が少なくなるので開始すぐよりワンテンポ置いて行く方が、並ぶ時間が少なくて済みますよ~♪

スポンサードリンク

京都市動物園は子連れにちょうどいい大きさ

京都市動物園はこじんまりとした都会の動物園。
敷地面積は、41,383㎡ 。
東京ドームが約47,000㎡なので、東京ドームより少し小さいくらいのサイズの大きさなんですよ。

 

下記の表は、他の動物園の敷地面積との比較なのですが、大阪の天王寺動物園の半分以下。
神戸の王子動物園の約半分の大きさくらい。
といえば、お!こじんまり、ということが伝わりますでしょうか?


参照:https://www5.city.kyoto.jp/zoo/uploads/image/29shiryo4.pdf

 

だからこそ、幼稚園や幼稚園前のお子さんでも動物園にいる間は自分で歩ける!!
歩いて楽しんで周ることも可能です。

 

我が家は子どもが4歳と2歳なのですが、2歳の子も動物園に到着してから園を出るまで、ほぼほぼ歩きましたよ~!!
たまに疲れて抱っこはありましたが、そんなずっと抱っこではなく、上の子をおっかけながら一緒に歩いて周りました(*^▽^*)

 

広すぎると、気に入った動物を見に戻るのも一苦労。
でも京都市動物園は、「ゾウがもう一回見たい」「ゴリラまた見に行きたい」と言われても、戻ってみようと全然思える距離!!
これも子連れには嬉しいポイントかな~と思います♪

まとめ

京都市動物園の滞在時間は1~3時間くらいが目安です。
あとは、お子さんの年齢(歩くスピード)やふれあいタイムをどのくらい楽しむかといった時間の使い方で、滞在時間が変わるかな~と思います。

 

今回我が家はふれあいタイムを後に持ってきたのですが、お子さんが動物とのふれあいを楽しみにしているなら、先にふれあいタイムを堪能。
そのあと家族のペースで動物園をゆっくり見るのもアリかな~と思いましたよ♪

 

子供が産まれるまでは、京都市動物園ちょっとこじんまりして物足りない…?!
と思っていた私ですが、幼稚園児の子供の母となった今、このサイズでありがたい!!と思っています(笑)

だって子供は「またゾウみる~」「きりん見たい~」って言いますもん。
大きい動物園だと戻るのも大変だし「またね~」と言ってしまいがちですが、京都市動物園はそれがない!!
「ほな、また戻ってみようか~」と言って気軽に見に戻れるのがめっちゃイイとこです(*^▽^*)

そのため小さいお子さんでも楽しめますし、付き合う親もゆったりと楽しめるので、子連れにはちょうどいいサイズ感ですよ~◎

スポンサードリンク