妊娠中の便秘ってお腹も張る感じがするし、
体重は増えてしまうし、
ほんとなんとかしたいですよね。

 

私は妊娠前から便秘しやすかったので
特に安定期過ぎてから
どうしても便秘気味になってしまいました。

 

そこで今回は妊娠中の便秘ってどうやって解消したらいいの?
ということをテーマに私が実際に効果があったものや
簡単にできる体操などを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

妊娠中の便秘解消法は?

妊娠中だと市販の便秘薬は使えないですし、
排便のときにいきみ過ぎもと言われると
余計に便秘がひどくなってしまいますよね。

 

そこでまず見直したいのが食事。
きっとお腹のお子さんのことを思って
安定期に入ってつわりも落ち着いてきたママさんは
きっとバランスの良い食事を心がけていると思うのですが
その中でも特に摂りたいのが食物繊維です。

 

食物繊維には水溶性と不水溶性の2種類があって
それぞれ特徴や食材がちょっと違うんですよ。

 

水溶性食物繊維って?

水溶性食物繊維は字のままなんですが、
水に溶けやすい食物繊維で
バナナ・りんご・いちご・キウイなどのフルーツや海藻類
里芋・長芋・オクラ・モロヘイヤ・こんにゃく・納豆など
に含まれています。

 

水溶性の食物繊維は
余分な腸内の水分を吸収して
便の硬さをいい感じに調整してくれるので、
いつもコロコロ便だったり
下痢と便秘を交互に繰り返す便秘に効果が出やすいです。

 

不水溶性食物繊維って?

不水溶性食物繊維は
水に溶けにくい食物繊維で
玄米やさつまいも・ごぼう・大豆やきのこ類などに含まれています。

 

不水溶性食物繊維は
胃や腸で水分を吸収し、
便の量を増やすことで腸管や腸壁を刺激することで
腸の動きを活発にしてくれる働きがあります。

 

便の回数が少なかったり、腸が動いてなくて
便秘気味になってしまっているような便秘

効果が出やすいです。

 

このように水溶性と不水溶性の2種類の食物繊維がありますが、
どちらかを摂り過ぎるのではなく、
バランスよく摂取するようにしてくださいね。

 

どうしても頑固で便が出ないときは…

食事や適度な運動で便秘解消しようと思っても
どうもこうもならない!そんな時もあると思います。

そんなときは一度産院で
便秘だということを相談して
便秘薬をもらいましょう。

 

でも便秘薬は…と思われるなら
便秘薬に頼るまでに見直してみたい食生活や飲み物についても
まとめてみましたので、
妊婦さんの頑固な便秘!1週間以上便が出ないときの対処法は?
もよかったら参考にしてくださいね。

 

妊娠中の便秘でよく処方されるのは
・酸化マグネシウム
・マグラックス
・マグミット

です。

 

どれも酸化マグネシウムを主成分とするものなのですが、
便の水分量を増やして軟化させて
排便を促すお薬です。

 

便秘薬って癖になるのでは?
と思うかもしれませんが
習慣性が少なく、飲み続けても効果が落ちることも少ないお薬です。

 

ちなみに私の娘も離乳食を始めて便秘になり、
小児科で6ヶ月の頃に
酸化マグネシウムを処方されました。

 

妊婦と赤ちゃんでは違う!
と思われるかもしれませんが、
娘は酸化マグネシウムで便秘改善し、
腸内環境がよくなったら、使わなくてよくなりましたよ!

 

だから一度腸内環境をリセットする
という名目で産院でお薬を処方してもらう
というのもひとつの手だと思いますよ。

 

スポンサードリンク

妊娠中の便秘私が効果的だったもの

一人目の妊娠のときは
食生活に気をつけてもダメ。
運動も毎日ウォーキングを30分は最低するのにダメでした。

 

そのため一人目のときに頼ったのが
病院で処方される便秘薬です。

 

私が処方してもらった薬は
・マグミット
・マグラックス

 

私は里帰り出産だったので、
通院していた産院と出産する病院で
便秘薬が違いました。

 

マグミットとマグラックスの違いは?

どちらも酸化マグネシウムを主成分としている
ジェネリック薬で、大きな違いというとメーカーさんが違うことです。

 

吉田製薬さんがマグラックス錠で
日本新薬さん、協和さんなどがマグミット錠です。

 

メーカー以外にも
マグミットは口にいれた瞬間にすぐに溶ける錠剤で
マグラックスは口の中ではなかなか溶けないという
違いもあるようですが、
私は全然分かりませんでした。

 

飲み比べたわけではないし、
名前も似ていたので、当分は同じお薬だと思っていたので…。

 

ちなみに私は
マグミット⇒マグラックスに変わったのですが、
どちらの薬でも排便はありましたし、
便秘は解消しましたよ!

 

とはいえお薬なので、
どうしてもお薬は飲みたくない!
と思うなら、薬の前に妊婦や赤ちゃんも安心の話題のオリゴ糖などを
試してみるのも良いかもしれません。

⇒日本で一番選ばれているオリゴ糖『カイテキオリゴ』詳細はこちら

 

二人目はオレンジが効果テキメン!

現在二人目を妊娠しているのですが、
やはり安定期に入り便秘がやってきました。
一人目のときと比べて
便秘度合いがマシだったので
今のところまだお薬には頼らずイケてます。

 

ちなみに私が便秘のときに効果があったのが
オレンジなんですよ。

 

驚きだったのですが、
1日にオレンジを1~2個どど~ん!と食べると
翌日にはス~っと排便があったんです。

 

なんでだろう?と思ってネットで調べてみたら
オレンジには水溶性食物繊維のペクチンという成分が
多く含まれていて、
乳酸菌の栄養となって腸内の善玉菌を増やす働きがあるんだって!

 

ちなみにペクチンは
薄皮の部分や白い筋に多く含まれているから
ちょっと白い筋は苦かったりするけど、
そのままパクっと食べちゃってくださいね。
私もそうしてます。

 

あとちょっと汚くてごめんなさいなのですが、
私の便秘はどちらかというと
便秘と下痢を繰り返すパターンなので、
オレンジが余計に効果があったのかもしれません。

妊娠中でもできる便秘に効く体操は?

妊娠中でもできる簡単な便秘体操を
今回は2つ紹介しますね。

 

腰回し体操

フラフープを回すような腰の動きをゆっくりする体操です。

やり方は簡単!
背筋を伸ばして両足を肩幅くらいに開いて立ち
両手を腰に当てて
フラフープを回すように時計回りと
反時計回りに同じ回数ずつ行うだけです。

 

私は毎日お風呂上がりに
背筋を伸ばすように意識して
やってます。

 

寝たままできるひねりストレッチ

仰向けに寝っ転がって
肩が床から浮かないように両腕を広げ
左ひざを軽く曲げ、
右足の上に重ね右側にひねって
5~10秒ほどキープします。

 

これを左右5回ずつ繰り返すだけです。

 

ポイントは上半身をなるべく浮かなさにようにして
腰をひねるようにすることです。

 

腰部分も伸びて気持ちいいので
便秘体操としてだけでなく、
私はやってます。

よかったら参考にしてみてくださいね。

まとめ

妊娠中の便秘はお薬も飲めない!と思いがちですが、
産院で処方してもらうお薬なら飲めるものもあります。

 

もちろん自力で食生活を見直したり、
体操したりして便秘解消できたら一番なのですが、
何をしてもダメ!
そんなときは、産院で相談してお薬をもらい
一度腸内環境をリセットするという手もありますからね。

 

どうしてもというときは
お医者さんに相談してみてくださいね。

スポンサードリンク