妊娠して子供を授かったのは
本当に嬉しいことなのですが、
妊娠中で、予想してなかったことが
色々起こったりしますよね。

 

その中でも今回は妊娠中に起きるかゆみについて
対処法やお薬との付き合い方も含め
お伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

妊娠中お腹がかゆい!こんなことあるの?

妊娠するとお腹はもちろん、胸などにも
かゆみが出やすくなります。

なぜかというと
妊娠すると自然と女性ホルモンの分泌が盛んになるんですよ。
そうすると肌が妊娠前よりも乾燥しやすくなってしまうんです。
そのためどうしても乾燥からのかゆみが発生しやすくなってしまいます。

 

そこで、妊娠中のかゆみ対策で
大事なのが、とくかくこまめに保湿すること!

 

妊娠線予防のこともあるので、
保湿クリームは塗ってるという妊婦さんも
多いと思いますが、かゆみを伴っているようであれば、
クリームだけでなく、
お風呂上がりにベビーオイル、
その上から保湿クリームを重ねて塗るのが
より効果的
です。

 

 

そして乾燥だけでなく、
赤ちゃんが大きくなるにつれお腹や胸も大きくなりますよね?
このお腹や胸が大きくなるときに
お腹や胸の皮が引っ張られていくので、
だんだんお腹や胸が成長するにつれて
かゆみも出やすくなるようです。

この時にお腹や胸が大きくなっているのに
下着をマタニティー用にしてなく
締め付けているようであれば、
この締めつけがかゆみの原因になっていることもあります。

 

そのためまだ通常のブラをしているようなら
産後も使える大きめのハーフトップのブラジャーなどに
変えてみるとそれだけでかゆみが少し治まるかもしれません。

またマタニティーの下着を今から新調されるのであれば、
下着の素材を綿100%にするとかゆみが改善された!
という話をよく聞きますので、下着は綿素材のものを
使われた方がベターかな?と思います。

スポンサードリンク

妊娠中のかゆみ対処法は?

妊娠中は乾燥しやすいため
保湿が大事だとお伝えしましたが、
かゆくなるのは保湿が足りてないだけではないようなんです。

 

たぶん私と同じような体験をされている方も
いらっしゃるのでは?と思うのですが、
特にお腹部分にかゆみが出るのって
夜ベッドで眠ってからではないですか?

私は2歳の娘の寝かしつけで
大抵寝落ちしてしまうのですが、
2時間くらいで一度目が覚めるんですよ。
そうするともうお腹がかゆくて掻かずにはいられなくて
なかなか寝付けないんです。

 

実はこのかゆみが出やすくなっているのは
調べてみると体が温かくなることが原因みたいなんですよね。

 

ということは…?
そう!体を温めすぎないことが大事なんです。

 

例えば食事なら
体が温まりやすい(香辛料・カレー・キムチ)などは避けて
なるべく冷たいものを食べるようにしたり、
お風呂は長くお風呂に浸かることは避け、
ぬるめのシャワーでさっと済ませるようにしたり。

寝るときも
かゆみが出てきたと思ったら
お腹だけを布団でしっかりガードして
手足は布団から出して温度調節をしたり…ね。

 

それでもなかなかかゆみが引かない
そんなときは、アイスノンや氷を入れた袋を
タオルなどにくるんで、痒みのある幹部に当ててあげると
痒みが治まってきますよ。

 

妊娠中の体の冷やし過ぎは良くないのですが、
あまりにも痒みが強くて寝付けないようであれば、
ご自身が取り入れられそうな部分だけでも
実践してみてくださいね。

妊娠中でもかゆみに効く薬は出してもらえる?

妊娠中のお腹や胸、お尻や足などの部分に
痒みがあって、保湿でも全然改善されないし、
湿疹が出来出してしまったときは
まずは産院の先生に相談してみましょう。

 

病院によっては産婦人科の病院で薬を処方してくださいますし、
湿疹や蕁麻疹の状態によっては皮膚科の受診を勧められることもあります。

基本的に処方される塗り薬は非ステロイドが多いですが、
あまりにも皮膚の状況がひどいとステロイド剤を処方されることも
ないとはいえません

非ステロイドだと効果が薄いし、
ステロイドだと胎児への影響がと言われるし
どうしたらいいねんと思うと思いますが
薬を我慢して使わず
かゆみに耐え続けるのは相当なストレスだと思います。

 

もちろん薬に頼らないのが一番だけど、
専門の先生に妊娠していることも伝えて
診てもらって処方された薬なのであれば、
例えステロイドだったとしても
回数や塗り方、気をつけることなどを
しっかりと確認し、助言を頂いた上で
最終どうしたらいいのか?判断するのが一番なのでは?
と思います。

だってずっと妊娠中かゆみがひどくて
肌を掻き毟るのはやっぱり精神的にもストレスが掛かって
良くないですからね。

まとめ

妊娠中のかゆみは湿疹や蕁麻疹ができていない程度の
痒みであれば、保湿や下着を変えたり、
紹介した食事や入浴方法などで
痒みが治まることが多いです。

ただ蕁麻疹が出来てしまい、なかなか治らない場合は
掻いてだんだん悪化してしまうこともあるので
産婦人科や皮膚科で相談してみるのが
これ以上蕁麻疹や湿疹を悪化させないためにも
よいのでは?と思います。

出産したら痒みは治ると言われていますが、
出産するまでまだまだ長かったりしますよね。

あまりご自身のストレスにならないように
上手に痒みと付き合う対処法やお薬
見つけてくださいね。

スポンサードリンク