妊娠初期の症状は人それぞれなのですが、
激しい腹痛に襲われ、下痢になると
心配になりますよね。

そこで今回は
・妊娠初期に下痢になることもあるの?
・妊娠初期に気をつけたほうがよい腹痛って?

ということについてお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

妊娠初期に下痢になることもあるの?

妊娠初期は吐き気や胃のムカつきなどの
悪阻の症状が出る妊婦さんが多いですが、
中には下痢の症状がでることだってあるんです。

妊娠すると便秘になりやすいとはよく言われていますが、
下痢だって立派な妊娠初期症状!

 

とはいえ、下痢だと冷や汗が出るほどお腹が痛くなるし
流産しないんだろうか?と心配になったりすると思うんですよね。

だけど、妊娠初期は腸の動きの影響で子宮が収縮してしまうほど、
子宮もまだ大きくなっていないので、
妊娠初期の下痢が流産につながるということはありません

 

ただ下痢を長く繰り返すのも
胎児の成長を妨げてしまうのでよくないんですよ。

あまりにも下痢を頻繁に繰り返すようなら
掛かりつけの産婦人科を受診して相談するようにしましょう。

 

下痢で産婦人科を受診すると

下痢で産婦人科に行くと、
たいていビオフェルミンRを処方してくださったり、
助産師さんが食事指導をしてくださったりします。

食事指導の驚きだったのは、
下痢のときの食事はお粥やうどんなどがいいのかな?
と思いっていたのですが、助産師さんによると
「お粥」は消化が良すぎるので下痢のときは避けたほうがベターなんだって!

 

お粥の代わりに摂りたい食事が
人参・カブ・たまねぎなどをたっぷり入れた野菜スープ。

妊娠初期に下痢以外にも匂いがダメだったり、
食べられなかったりする悪阻の症状が
出てしまっていることもあると思うのですが
もし調子がよくて食べれそうなのであれば、
野菜スープ試してみてくださいね。


スポンサードリンク

妊娠初期は腹痛になりやすい?

妊娠初期はどうしても流産してしまう確率が高いため
どうしても腹痛があると心配になりますよね。

私も1人目の時は妊娠初期の腹痛はほとんどなかったのですが、
今回は結構頻繁に腹痛があって
横にならないと痛みが治まらなかったりしています。

そして便秘や下痢などの腸の調子がよくないときは
特にお腹の痛みが激しくなります。

 

そこで、先日の妊婦検診のときに先生に
お腹の痛みについて質問してみたんですよ。

そうすると、やはり妊娠初期のお腹の痛みってよくあるらしく、
その大きな原因は子宮が大きくなる為なんだって!

だから軽い生理痛くらいの痛みなのであれば、
全然心配することはない!と言われました。

ただ激しくてちょっと我慢できない強い生理痛のような
痛み
があるようなら、受診するようにしてください
と言われましたよ。

 

なので、妊娠初期に腹痛が頻繁にあっても
そこまで気にしなくても大丈夫かな?と思います。
ただ痛みが軽くてもなかなかおさまらないようなら
横になるなど安静にするようにしてくださいね。

そしてどうしても腹痛が気になるようであれば、
次の検診を待たず、気になった時に産婦人科に電話して
症状を伝えて受診したほうがよいのか相談したり、
受診するようにしてください。

その方がモヤモヤしながら
次の検診を待つよりは、スッキリするので
精神的にもよいかな?と思います。

 

まとめ

妊娠初期症状のつわりって
どうしても食べ物が食べられなかったり、
常に食べてないと気持ち悪いイメージが強いですが、
下痢も悪阻の症状の一つなんですよ。

なので妊娠初期に下痢で苦しいと思っても
安定期に入ればおさまるので心配いりません。

とはいえ、胎児の成長が心配なので、
あまりにも下痢が頻繁でしかも繰り返すようであれば、
一度産婦人科に相談してくださいね。

 

妊娠初期の腹痛も
子宮が大きくなる準備をしているためなので、
軽い生理痛くらいであれば、大丈夫です。

ただ、なかなか痛みがおさまらない場合は
横になって休んだり、痛みが強くなり心配であれば
産婦人科に電話して相談したり、
先生に診てもらうのが一番安心かな?と思います。

 

妊娠初期は胎動もまだなく、
赤ちゃんが元気にしているかどうかは
病院でしかわからない為不安も多いですが、
赤ちゃんが元気に育ってくれることを
祈りながら、妊娠初期乗り切りましょうね。

スポンサードリンク