初の妊娠。
嬉しいけど、わからないこともいっぱいですよね。

今回はお腹が大きくなるとできやすくなると言われている
妊娠線の予防で気になる
・いつから
・できやすい場所は?
・専用のクリームじゃないとダメなの?

ということについてお話したいと思います。

スポンサードリンク

妊娠線予防っていつからしたらいいの?

妊娠線の予防っていつから始めるのがいいんだろう?
と妊娠線を作りたくないからこそ気になりますよね。

色々と私なりに調べてみたのですが、
妊娠線のケアを始める時期は
4ヶ月頃という声が多かったですし、
助産師さんにも
やはりお腹が出てくる前から
妊娠線の予防ケアはしておいたほうがいい

言われましたよ。

 

ちなみに私は1人目のときは
4ヶ月ころから妊娠線予防を開始しましたが、
今回2人目を授かっているのですが
悪阻が落ち着いた3ヶ月目からスタートしました。

なぜかというと
1人目よりもなんだかお腹が出てくるのが早い気がして…。

 

ただ妊娠線予防って
クリームを塗ったから100%妊娠線が出来ません
というわけではないんです。

残念なんだけど
いくら丁寧に頑張ってクリームを塗っても
体質によっては妊娠線ができてしまう人もいますし、
逆に何もしていなくても妊娠線ができない人もいます。

 

そうはいっても
お腹が出てくると
皮膚が伸びて引っ張られて
乾燥していると妊娠線ができやすくなるのもホントです。

だからこそ
まだお腹が目立たない時期から
お風呂上がりと朝の1日2回
クリームで肌が柔らかくなるように
クルクルっと円を描くようにマッサージしてあげたら
よいかと思います。

スポンサードリンク

妊娠線予防で注意したい場所は?

妊娠線というと
お腹が大きくなるのでお腹のイメージが強いですが
お腹だけではないんですヨ。

人によっては
胸、お尻、太もも、腰などにも妊娠線が出来た!
という方もいらっしゃいます。

 

そんな私も一人目を妊娠しているときに
ホント悔しいのですが
妊娠線が両太もも外側の付け根部分にできました。

お腹はしっかりとクリームを塗っていたのですが、
まさか太ももにできるとはこの時思っていなくて
保湿を怠っていて…。
盲点でした。

 

それからは太ももにもクリームを塗り出しましたが
両太ももの付け根に数本ずつ
バッチリ今も妊娠線が残ってしまっています。

ちなみに私が太ももの付け根に妊娠線ができたことに
気づいたのは5~6ヶ月目くらいです。

 

保湿していなかった+悪阻も終わり
お正月も挟んでいたので食欲が旺盛になり
ガツンと3kgも体重が増加してしまったもの
妊娠線が出来てしまった原因かなと思っています。

妊娠線は保湿も大事ですが
急な体重増加もNGです。

 

悪阻が収まってなんだか食欲が沸いてきた!
臨月でなんだかお腹すいて食べちゃう!
そんなときの体重の急激な増加は
妊娠線ができやすくなるので要注意です。

大きく膨らんでいくお腹だけではなく、
胸も大きくなるので胸や太もも、お尻あたりにも
保湿クリームをしっかり塗って
体重がボンっと急に増加しないよう
食生活にも気をつけましょうね。

妊娠線予防のクリームって市販のものでもOK?

妊娠線予防は専用のクリームも販売されているけど、
専用のクリームじゃないとダメなのでしょうか。

いえいえ、そんなことはありません。

 

妊娠線予防のクリームは
市販のクリームよりは”もったり”としていて濃い感じですが、
ただお値段も市販のクリームより高いですよね。

そのため値段が高くてたくさん量を使ったり
1日2回も使うのにのに気が引ける
と思うのであれば、市販品でも構わないので
保湿性が高いクリームをたっぷりと塗ってあげるようにする方がベターです。

その方が乾燥を結局は防ぐことができますからね。

 

市販のクリームで妊娠線ケアによく使うと私の周りで聞くのが
ニベアの青缶やボディーショップのボディーバターです。

ちなみに私は1人目のときからニベアの青缶を愛用しています。
太ももにはできてしまったけど、
きちんとケアしていたお腹には出来ませんでしたからね。

お手頃価格、しかもドラックストアでも買えるので
1人目の妊娠期間で3缶くらいは使いました。

 

妊娠線予防のクリームは
専用でも市販のものでも
塗る部分も多いですし
たっぷりと塗って保湿してあげるのが大事です。

なので思い切って使え
続けられる好きな匂いのものなどがあれば
専用でも市販のものでもよいと思いますヨ。

まとめ

妊娠線はできてしまうと残念だけど消えません。

できてしまうのも体質だったりもしますが、
予防でできることといえば
しっかりと保湿クリームを塗って
体重が急増しないように気をつけることです。

膨らんでいくお腹部分は妊娠線予防のケアを
誰もがみんなするのですが、
胸や太もも、お尻あたりも妊娠線は出来ます。

クリームを塗る部分が多いですが、
妊娠線ができないように
毎日2回たっぷりクリームを塗ってあげてくださいね。

スポンサードリンク