こんにちは。
かぁちゃんです。

 

2月に入り立春過ぎた頃からお雛様を飾り始め3月3日のひな祭り当日までは飾ると思うのですが、一体いつまで飾っておいていいんだろう?いつしまうのが一般的なの?と片付けのタイミング迷いますよね。

 

「ひな人形は早く片付けないと婚期が遅れてしまう…」なーんて噂を聞くと、余計に早くしまったほうがいいのかな?って気もしてきますし…。

 

そこで私が調べたり人形屋さんに聞いた、ひな人形をいつまで飾っておいていいのか?やお雛様を片付ける絶好の日とタイミングについてお伝えしたいと思います。

娘さんの初節句で初めてひな人形を飾ったけど、いつまで飾っておいていいのかな?と思いネット検索しているママさんにこそ読んでいただきたい記事です。

では、まいりますッ。

スポンサードリンク

雛人形を片付ける時期はいつ?

お雛様は早く片付けないとお嫁に行くのが遅くなっちゃう!なんて話を聞くと、娘の今期が遅れてはかわいそうだから早くしまわなきゃ!と思ってしまうかもしれませんね。
だけどこの言い伝えは昭和に入ってから広まったもので、本来の伝統ではなく、ひな人形を出しっぱなしにするようなだらしないお家の娘さんは結婚できないよ~という意味合いの戒めの言葉なんですよ。

 

だからひな人形はいつまでに片付けなさい!という決まりはないですし、ひな祭りの3月3日過ぎたから大急ぎで片付けなきゃ!と慌ててお雛様をしまわなくても大丈夫です。

 

とはいえ、ひな人形は季節の飾りですからね。
さっきもチラっと触れたけど、だらだらと出しっぱなし、飾りっぱなしはNGですよ。

 

そこで一般的にはひな祭りが終わって約2週間を目安にお片づけされるご家庭が多いようです。
ただ中には旧暦や月遅れの4月3日にひな祭りのお祝いをする地域もありますので、ひな人形を桃や桜が咲く4月上旬ごろまで飾ったおいてもOKです。

 

ちなみに我が家は…

娘の初節句に合わせて祖母がひな人形を買ってくれたのですが、そのとき雛人形を買ったお店で「年に一度しか出さない雛人形ですから、ひな祭りが終わってすぐしまわれるご家庭が多いですが、桜が咲く頃までお家に飾っていていいですからね!というより大切に飾ってあげてください。」と言われたんです。

そのため我が家では毎年2月4日の立春過ぎから雛人形を飾り、桜の満開になる3月末から4月1週目くらいを目安に片付けるようにしています。

 

ただなかには迷信とはいえど、「早く雛人形を片付けないと婚期が遅れる…」という言い伝え?が気になる方もいらっしゃると思うんですよ。
そんなときはひな祭り過ぎて人形を片付けるまでの期間は、雛人形を後ろ向きにしておいたらいいよという話も聞くので、迷信がやっぱり気になるようでしたらお雛様を直されるまで、後ろ向きにしておいておくのもアリかと思います。

スポンサードリンク

ひな人形をしまう日はカラっとしたお天気の日がベスト!

一年に一度しか出さないお雛様。
そのため片付ける日は湿気が少ないお天気がよく、空気がカラっとして乾燥している日が絶好の片付け日和です。

 

なぜかって?
それは空気中に湿気が多いとカビの原因になりやすく、お雛様を傷めてしまう可能性が上がってしまうんです。

 

そこで湿気対策としてお雛様をしまう日は晴天が数日続いた日の昼間に、正午をはさんで人形と人形を片付ける箱を陰干しして片付けるのがオススメです。

陰干しはどうやってやるの?

お雛様を片付ける前の陰干しは、窓を開けて数時間風を部屋の中に通してあげるだけです。
ただそのときお雛様に直接日光が当たってしまったり、強風がひな人形にあたってしまうとせっかくのお雛様が傷んでしまうので、遮光カーテンや窓の隙間を調節して直接太陽の光や強風が部屋の中に入ってこないようにしてあげてくださいね。

 

それからお雛様を干している間にやることがもう一つ。
お人形が入っていた箱の蓋をあけて、ベランダか日当たりのいいお部屋で乾燥させてあげることです。

 

こうしておくことで、箱の湿気も取り除けるのでカビ対策になりますからね。
人形を陰干ししている時間を利用して、お雛様をしまう箱のケアもしておきましょう。

 

お雛様を片付ける日は数日晴れの日が続いた後の晴れたお天気のイイ日ですが、片付けたいタイミングで雨が続くこともあると思います。
もちろん、晴れの日まで待つというのも一つですが、どうしても片付けておきたい場合は、部屋のエアコンの除湿をかけながら作業をしてもOKです。
ただエアコンの風が直接お人形さんに当たらないように注意してくださいね。

 

湿気以外で気になるお雛様の虫避け対策や防虫剤の入れ方についてはこちらで詳しく紹介しています。
よかったら合わせて読んでみてくださいね♪

さいごに

娘ちゃんのために買ったお雛様。
早く片付けないとお嫁にいけないよ~なんてことを聞いたりしますが、そんなことはありません。

もちろんだらだらとひな祭りが終わって季節が春から移り変わるのにまだひな人形を片付けてない!なんてことはさすがにアウトですよ。

 

だけどひな人形を飾るのは一年に一度。
しかも桃の節句の時期だけです。
だからこそ、私はひな祭りが終わってからも少し長めの3月末や4月はじめ頃までひな人形を飾ってあげてもいいのでは?と思います。

 

ただ片付ける日はピカーンと晴れた乾燥した日が湿気を含まず片付けられるベストタイミングです。
そこで、ひな人形をキレイな状態で保管するためにも天気予報をチェックして、3月中の天気が続いている日を狙って片付けられてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク