プール熱は主に夏場に流行する夏風邪の一種なのですが、
掛かってしまうとどんな症状が出るのでしょうか。

そこで今回はプール熱の症状をはじめ
潜伏期間や感染経路、予防法について
私なりにまとめましたので紹介します。

スポンサードリンク

プール熱の症状子供の場合

プール熱の症状の特徴は

・39-40℃の高熱が出る
・喉の腫れや痛み(咽頭炎)
・目やにや目のかゆみ(結膜炎)

この3つです。

とはいえ、この3つの症状が必ず出る!というわけではありません

中には、喉の赤みと熱だけだったり、
充血と熱だけだったりと
プール熱に掛かってしまっても
3つの症状が揃わないこともあります。

3つ全ての症状が出なくても、
夏場に周りでもプール熱が流行している場合は
プール熱の可能性も疑ってみるようにしましょう。

 

プール熱と夏風邪の違い

夏風邪の1種のプール熱なのですが、
通常の夏風邪と違い
高熱がなかなか下がらない!という特徴があります。

そして喉の痛みが強い場合は
食事を食べにくいため
どうしても食欲が落やすくなってしまいます。

そのため大事になるのが水分補給!

脱水症状になりやすいので、
こまめな水分補給を意識してあげてくださいね。
 

手足口病の時の痛みがあるときに
お子さんが食べやすい食事をまとめています。

プール熱とは違いがありますが、
どのような食材が食べやすいのか参考になるかな?と思うので
手足口病の食事で子供が食べやすいものは?食べない時はどうしたらいいの?
よかったら参考にしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

プール熱の潜伏期間と感染経路

プール熱の潜伏期間

プール熱のウイルスが体に侵入してから
症状が出始めるまでの潜伏期間は5~7日です。

潜伏期間後に発症し3~5日程度が最も症状がひどい期間です。

その後徐々に回復に向かいだいたい1週間もすれば
高熱・喉の炎症・目やにや目の充血も落ち着いてきます。

 

プール熱の感染経路

プール熱の感染経路は

・くしゃみや咳による飛沫感染
・鼻水や目やにに触れてウイルスが体内に入ってしまう接触感染
・便に含まれているウイルスを吸い込んでしまう経口感染

この3つが考えられます。

 

プール熱は発症後2週間は特にウイルスを撒き散らす期間
周りも感染しやすくなるので注意が必要です。

 

症状も落ち着き、発症から2週間経過すると
感染リスクは減りますが、
それでも便には約1ヶ月ほどウイルスが排出され続けます。

オムツ換えなどでお子さんの排便に接触する
機会の多いママ・パパは、特に症状が落ち着いてからも
感染に注意してくださいね。

 

そして夏場に子供が楽しみにしているプールですが、
先ほどもお伝えしたように発症してから2週間は
ウイルスがたくさん出てしまうので
症状は治まってもプールは我慢です。

 

プール熱の感染予防

プール熱の原因のアデノウイルスは感染力がとても強いウイルスです。

先ほども紹介したようにくしゃみや咳などの飛沫感染を始め
鼻水や唾液などにもウイルスが含まれているので
お子さんの鼻水が食器などにもウイルスが付着しまいます。

 

そこで、大事になってくるのが

1)手洗いとうがいの徹底

帰宅後やトイレの後、食事の前後などは
特に石鹸をつけて指の間までしっかりと洗うようにしましょう。

乳幼児でオムツを履いているお子さんがプール熱に感染している場合は
排便からもウイルスが出ます。

オムツ替え後は毎回手洗いをされるとは思うのですが
いつもよりも念入りな手洗いを意識してくださいね。


2)タオル・寝具・食器などを共用しないこと

目やにや鼻水、唾液などがたっぷりとついてしまった
タオルや寝具・食器などは、ウイルスの宝庫です。

プール熱にかかっているお子さんとは
タオルやハンカチ・寝具などは絶対に分けるようにしましょう。

 

そしてウイルスの着いたタオルやハンカチ・洋服類は
プール熱に感染していない家族分とは分けて洗濯するのがベターです。

洗濯も洗剤を使って洗濯すると思うのですが
洗剤を使って洗ってもウイルスが落ちきらず感染する可能性もあります。

そのため一手間掛かりますが、
洗濯はプール熱のお子さんと別に行うようにしましょう。

 

分けて使った食器やコップも
プール熱に掛かってしまったお子さんのものを洗うのは
ウイルスが他の食器などに付着するのを少しでも防ぐため
一番最後にしましょう。

洗剤で洗ったあとに煮沸消毒まで出来ればベストです。

 

3)ドアノブや手すり・おもちゃなどは消毒すること

その中でもドアノブは部屋を移動する時に
家族のみんなが触れる部分ですよね?

そのため接触感染を防ぐためにも
消毒用のエタノールや次亜塩素酸ナトリウムを薄めて
こめまに拭き取るようにしましょう。

 

家族内での感染を防ぐためにも
気軽にできる手洗い・うがいはいつもよりも念入りに行い
タオルや食器類の共有も
ウイルスがいっぱい排出される発症して2週間は
絶対にやめておきましょう。

 

さいごに

プール熱の症状の特徴をはじめ
潜伏期間や感染経路、予防法について
紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

プール熱はお伝えしたように
高熱がなかなか下がらず、喉の痛みで食事がしにくくなってしまいます。

乳児の場合は特に心配だと思いますが
お子さんが食べやすいものを見つけてあげて
とくかく脱水症状にならないよう
水分補給だけはしっかり意識して看病してあげてくださいね。

 

看病している時にはご自身に移ってしまう可能性もありますので、
お子さんを看病した後には
手洗いとうがいを忘れず念入りに行うようにしてくださいね。

スポンサードリンク