神戸のイルミネーションといえば、ルミナリエ。

イルミネーション期間も短く
毎年多くの人で賑わいます。

 

そこで今回は、
神戸ルミナリエの混雑を避ける方法と
まだ小さいお子さんと一緒にルミナリエに行くなら
知っておきたい3つのポイントについて
お伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

神戸ルミナリエの混雑回避方法は?

毎年開催されるのかな?
なんて言われている神戸ルミナリエのイルミネーション!

 

2016年の今年も
12月2日(金)~12月11日(日)の10日間

月~木曜日⇒18:00~21:30
金曜日  ⇒18:00~22:00
土曜日  ⇒17:00~22:00
日曜日  ⇒17:00~21:30

の時間帯にイルミネーションが点灯することが
決まりましたね。

 

今年も開催されることが決まったルミナリエですが、
実は、毎年混雑する時間帯や曜日に特徴があるんです。

 

そのためできるだけ混雑は避けたい!
と思うなら押さえておきたいポイントを
2つ紹介しますね。

 

点灯直前直後は避ける

毎年、一番人が多く混雑する時間帯が
点灯直前・直後です。

やはり点灯する瞬間がキレイなので、
点灯する瞬間を見たい!
と点灯前から並ぶ人も多いですからね。

そのため点灯直前は寒い中でも大行列ができ、
イルミネーションが点灯してからも人が多すぎるため
なかなか動き出さず、人が流れません。

 

そのため狙い目は20時以降

 

さすがにこの時間になれば、
点灯直前ほどの人だかりが出来ることもないため、
割とスムーズにルミナリエのスタート付近にたどり着けますし、
光のアーチも落ち着いてゆっくり見れます。

中途半端に点灯後の18時~19時頃に行くのであれば、
先に晩ご飯を食べてから
少し遅めの20時や21時頃からルミナリエに行くほうが
イルミネーションを満喫できますよ。

 

土曜日は避ける

一週間で一番混雑するのが土曜日

そのためもし都合がつくのであれば
土曜日は避けたいところです。

 

もちろん日曜日も週末なため
平日に比べるとそりゃ~混雑しますよ。

しかし、土曜日と日曜日を比べると
約10万人も多くの人が
土曜日にルミナリエに足を運びますからね。

混み具合も全然違ってきます。

 

混雑を避けるためのベストは平日ですが、
平日が難しければ、土曜日より日曜日の方が
混雑部分だけを考えるとベターです。

 

ルミナリエを見て回るのに掛かる時間は?

ルミナリエの入口まで到着し
既に行列が流れている20時以降であれば、
30~40分くらいあれば
スタート地点からゴール地点の東遊園地に到着できます。

そのため20時台であれば、
ゆっくりみても点灯時間内に
余裕でゴールまでたどり着けますし、
金曜日と土曜日に行かれるのであれば、
21時過ぎてからでも22時までライトアップされていますので
点灯時間を気にして回らないといけないってことはありません!

 

ただ駅からルミナリエの入口までは
最低でも30分程度、
混雑している時間帯であれば
1時間くらいは見ておいたほうが無難です。

スポンサードリンク

神戸ルミナリエに子連れで行く時の3つのポイント

まだ小さいお子さんと一緒に
ルミナリエのイルミネーションを見に行くとなると
人が多い分、パパやママの気遣いも大変です。

そこでルミナリエに幼児を連れて行く時の
ポイントを3つお伝えしていきますね。

 

混雑している時間帯は避ける!

先ほどもお伝えしたように
ルミナリエは点灯する瞬間が一番人気で混雑します。

そのため点灯の瞬間を見ようと思ったら
早く並ばなきゃいけないし、
混雑も半端ありません。

 

点灯する瞬間を見たい!
という気持ちも分かりますが、
待ち時間も長くなりますし、
大混雑するのは確実なため
まだお子さんが小さいのであれば、
混雑が落ち着いてくる20時以降を狙うのがおすすめです。

 

ベビーカーは極力使わない!

ベビーカーが駄目という規制はないですよ。

ただみんながイルミネーションを見に来ているので
ルミナリエで光のアーチを見て歩くとき
前も見るけど、どうしても上を見て歩きがちになるんです。

特に混雑時に、ベビーカーを押していると
ベビーカーに気づかず躓いてしまい
ベビーカーに寄りかかりそうになる人や、
周りの方の持っている荷物がベビーカーに乗っている子供の顔に
当たりそうになってしまうこともあります。

そのため1歳半くらいまでのお子さんであれば、
ベビーカーよりは抱っこ紐を使われる方が
安全面を考えるとより安心です。

 

とはいえ
お子さんが1歳半を過ぎてくると
お子さんも重たくなってくるので
ベビーカーが使いたくなりますよね。

分かりますよ!その気持ち。
私も2歳の娘をずっと抱っこして歩くのは辛いですもん…。

 

だけどもしベビーカーを使うのであれば、
光のアーチが混雑している時間帯は外すようにしましょう

もしスタート地点付近がまだ混雑しているのであれば、
ベビーカーを持参していても安全面を考慮し、
子供は一旦ベビーカーから下ろし、
お子さん自身が歩けるのであれば手を引いてあげるか
パパ・ママが交互で抱っこしたり、
肩車をしたりして回ってあげてくださいね。

 

ゴール地点の東遊園地のみ行く!

ルミナリエというと
光の回廊を歩いて回るというイメージがありますが、
お子さんがまだ乳幼児で小さいうちは
最初から光のアーチ部分を歩くのは諦め
最終ゴール地点の東遊園地のみに行き
イルミネーションを楽しむという方法もあります。

 

東遊園地であれば、点灯式前でも
スタート地点ほど人でごった返すことはないです。

そのためイルミーションが点灯する瞬間も見れますし、
夜遅くなることも避けられるため、
子供の負担も親の負担も少ないかなと思います。

またスタート地点に比べると
点灯直前と早い時間帯であっても
比較的人が少ないので、
ベビーカーでも行きやすいです。
人ごみに並んだり、時間調整をして
ルミナリエをスタート地点から歩いてみるよりも
パパ・ママもお子さんのことを気にかける負担が
少しは軽減するためイルミネーション自体を楽しめるのでは?
と思います。

 

さいごに

ルミナリエのイルミネーションは
毎年混雑が予想されるため
小さい幼児さんを連れて行く!となると
パパ・ママもちょっと覚悟がいります。

 

ただルミナリエは混雑する時間や曜日にパターンがあるので、
極力混雑している時間帯や日にちは外して
行く日を計画してみてはいかがでしょうか。

 

人ごみが心配だけど、
ルミナリエのイルミネーションが見たい!という場合は
スタートからゴールまで全てのイルミネーションを見るのではなく、
ゴール地点の東遊園地でイルミネーションを見て
回廊が空いていそうな雰囲気であれば
スタート地点に向かうという手もありますよ。

 

少しでも子供と一緒にルミナリエに行く
イメージの参考になれば幸いです。

 

 
ルミナリエ関連記事はこちら↓↓
ルミナリエ点灯の瞬間を見たい人必見!並ぶ時間帯やベストな待機場所を紹介
神戸ルミナリエ混雑を回避する方法や時間帯を紹介!

スポンサードリンク