こんにちは。
かぁちゃんです。

 

出産後の恥骨の違和感や痛み。
これは実際に体験した人じゃないと分からないほど辛いし本当に痛いですよね…。

 

私は第一子の時も産後の恥骨痛はあったのですが、そこまで痛くてどうしようもならない程ではなかったんです。
そのため今回第二子のときはあまりの恥骨の痛みになぜこんなに痛いのか、歩くのがつらいほど痛くなるものなのか、そしてどうやったら治るのかすごく心配になったし、痛い間は赤ちゃんのお世話も上の娘のお世話も何をするにも痛みが強すぎてしんどかったんです。

 

でね、私みたいに産後の恥骨痛に悩んでいる産後のママさんもいるだろうな~と思ったんです。
そこで恥骨痛の原因や助産師さんから聞いた恥骨痛を改善する方法、そして私が実際に実践して恥骨痛が改善した方法についてお伝えしていきたいと思います。

 

産後の恥骨の痛みで悩んでいるママさんやリアルに恥骨痛をネット検索してる産後すぐのママさんにこそ読んでいただきたい記事です。

では、まいりますねッ。

スポンサードリンク

産後の恥骨の違和感は恥骨結合離開かも?

産後の恥骨の痛み、最初から激痛ではなく「あれ?なんか恥骨付近に違和感が…?」くらいな感じじゃなかったですか。
私は最初はそんな感じで恥骨あたりの軽い違和感から始まりました。
そのため病院に入院している間は、そこまで恥骨が痛すぎて新生児の赤ちゃんのお世話ができないなんてこともなく、母子同室だったので夜間も授乳室まで赤ちゃんを連れて授乳することもできていました。
それが退院してから徐々に恥骨の痛みがひどくなり、立ち上がるときでさえ痛みを感じるようになってしまったんです。

立ち上がるとき以外ににも私はこんなときに痛みを感じていました↓↓

  • 寝返りのとき
  • ちょっと体勢を変えるとき
  • ズボンやパンツを履くときに片足をあげたとき
  • 骨盤ベルトを締めないで歩くとき

わりと痛みには強い私なのですが、立ち上がったり、寝返りするときの痛みがあまりにも半端なくて、結構な激痛だったんですよね。
そこで私は産院を退院してからすぐに助産師さんがやっている母乳マッサージに行ったので、助産師さんに私の症状を話相談したんですよ。

 

そしたらその症状は恥骨結合離開といって、出産にむけて赤ちゃんがスムーズに骨盤を通り抜けられるようにリラキシンというホルモンが分泌され関節や靭帯が緩み、その結果骨盤の恥骨部分が広がって恥骨の結合部分が離れてしまったりズレてしまったりして起こる症状だと分かりました。

 

どうやら私の場合はお産の進み具合も急激で、出産の約4時間前PM17:00頃は子宮口がゼロcmだったのにその2時間後のPM19:00頃には4cm。
そしてそこから一気に子宮口が開きPM20:20頃には赤ちゃんが生まれるという超スピードだったことも恥骨の結合部が離れてしまった原因ではないかと言われました。

 

本来であればお産に向けて徐々に骨盤も開いていくのですが、それが短時間だと一気に骨盤部分も開くことになるようで…。
そのため急な骨盤の広がりに身体がついていかなかったみたいです。

 

ちなみに恥骨結合の部分は下の図でいうと茶色で塗られた恥骨の間のことです。
kotubanjyo
出典:target=”_blank”バランス工房

 

結合部分はもともと完全にくっついているわけではないのですが、出産に伴い通常でも4~5ミリ、ひどくなると10ミリ以上開いてしまいます。
2017-02-05_14h34_28
出典:こそだてドットコム

この結合部の開きが大きくなるほど痛みがひどくなるようです。

 

助産師さんにどうやったら恥骨の痛みが落ち着くのかも聞いてみたのですが、「骨盤ベルトをして安静が一番」と言われましたし、「安静にしてないと歩けなくなるよ」とも言われました。
私は上の子(2歳の娘)もいるのですが、抱っこなんてもってのほかと。

重いものを持ったり、重い荷物を持ったまま歩いたり、しゃがんだりといった動きは全部恥骨に負荷が掛かってしまうのだそうです。
そのため恥骨結合部の開きを元に戻したかったら恥骨に負担をかけないようにすることが一番と言われました。

スポンサードリンク

産後に襲ってきた恥骨の痛み私はこうやって改善した!

助産師さんに恥骨の痛みを相談するまでの私は、入院中娘に寂しい思いをさせたしな~という気持ちもあり、産後は安静に!ということは頭ではわかっているし知ってもいたけど、上の娘を抱っこしたり、トイレに連れて行って支えたりもしてたんです。

だけど助産師さんの「歩けなくなるよ」という言葉にビビりまして…。
助産師さんの話を聞いた日から、安静第一に変えました。

 

具体的にどうしたか?というと私は里帰りしていたため

  • 上の子を抱っこして歩かない
  • 上の子のトイレに連れて行くのは母に頼む(2歳半で1人でトイレに座れないため)
  • 基本横になって過ごす
  • トコちゃんベルトを締める

この4つです。

 

ただトコちゃんベルトに関しては、付け方も見直しました。
もともと産後すぐからトコちゃんベルトは着用していたんだけど、恥骨の痛みがひどくなるばかりで「おかしいな~」と思ったんです。
だからトコちゃんベルトをつける位置が間違ってないかを確認し直しました。

 

私がわかりやすかったな~と思うのがトコちゃんベルトはココに巻くべしっ!!というブログです。
で、どこにトコちゃんベルトを巻いたらよいか?というと、骨盤のでっぱった触るとグリグリしている骨があるのですが、この骨の指1本分下に骨盤ベルトの上の部分がくるように合わせるのだそうです。

tokochanbelt1
出典:トコちゃんベルトはココに巻くべしっ!!

こんな感じです。

 

トコちゃんベルトを付けるときはお尻を高くして内蔵が元の位置に戻る骨盤高位の体勢でベルトを付けるのはもちろんなのですが、私は骨盤ベルトを付ける前に産院で教わった骨盤を元の位置に整える体操を取り入れていました。

 

それがこの2つです。

    1)仰向けに寝ておしりの下にタオルやマットを敷いて5cmくらい高くなるようにし、両膝を揃えて左右に倒す運動(左右同じ回数)
    2)仰向けに寝て肩幅くらいに足を開き、足の裏をつけ両膝を立てて開き足の裏をつけて両膝をたて、片膝ずつおしりの方に引き寄せる体操(左右同じ回数)

どちらの体操も私は左右5回程度しかしてないので、時間にしても5分かかってるかな?かからないかな?くらいだと思います。

だけどどちらの体操も必ずトコちゃんベルトを巻く前にするようにしていましたし、いいのか悪いのかはわかりませんが、私は1日中寝るときも含めてトコちゃんベルトをつけていました。

 

それでどのくらいで恥骨痛の激痛が解消されたかというと、なんと1週間くらい
1週間くらいで激痛からは逃れられました。
だけどまだ痛みが完全に取れたわけではなかったです。
激痛まではいかないけど、片足でズボンを履くときに立つと痛みがあったり、立ち上がる時につらかったりはしました。

だけどそれももう1週間経つと徐々に落ち着いてきましたし、産後3週間過ぎた頃からは痛みをほとんど感じなくなり寝返りもスイスイとできるようになり、ズボンを履くときに片足で立つ時の痛みもすっかり消えましたよ。

 

産後の恥骨結合離開による恥骨痛は自然と結合部の開きが元に戻るのを待つしかありません
そのため治るまでは個人差があるようで、産後数ヶ月は恥骨痛があるという方もいらっしゃるようです。
ただ治すためには恥骨に負担をかけないよう産後の身体を休めてあげることと骨盤ベルトを正しく巻くことがキーポイントですからね!
動きたかったり、ベルトを毎日巻くのが面倒だと感じるかもしれませんが、一日でも早く回復させるために「安静」と「骨盤ベルト」痛みが落ち着くまで試してみてはいかがでしょうか。

さいごに

産後の恥骨痛、ここまで痛みが激しいとは私も思っていませんでした。
それに痛みがひどい間は本当にこの痛みは治るんかい?って気持ちもあったし、不安でした。

だけど自分の身体を先に元に戻さないと、産まれてきた赤ちゃんはもちろん、娘も困るんですよね。
だから私は自分の痛み優先で、できるだけ横になることはもちろん、娘には申し訳なかったのですが抱っこはしないことを徹底していました。

 

歩くのが辛いと感じるほどの恥骨痛を体験した私が声を大にして言えることは、産後の安静は大事!
そして骨盤ベルト締めるのは大事だけど、正しい位置で装着できてないと意味がないということです。

 

産後でも上のお子さんがいるとゆったり安静にしていられない時もあると思いますが、頑張り過ぎは禁物です。
産後3週間くらいは無理せず、骨盤ベルトを締めてゆったとり基本寝て過ごすようにして身体をまずは回復させてあげてくださいね!

スポンサードリンク