バレンタイン。
子供がお友達にチョコレートを渡した~い!!作りた~い!!と言うんだけど、どうやらチョコをあげたいお友達がアレルギーがあるらしいんだよね。

 

せっかくだから、子供の気持ちを汲んでバレンタインにチョコのお菓子を…と思うけどどうしたらいいものか?!

 

そんなお悩みに私、アレルギーっ子のママがお助けアイデアをシェアしたいと思います♪

 

手作り大好きな幼稚園から小学校低学年くらいのお子さんと楽しみながら、簡単に作れるお菓子なので、よかったら参考にしてみてくださいねヽ(´▽`)/

スポンサードリンク

バレンタイン幼稚園の子供と一緒に作れるアレルギー対応チョコお菓子

コーンフレークでチョコレートバー

シリアルを使ったり、マシュマロを使うチョコレートバーはよく見かけるのですが、シリアルは小麦が入ってるし、マシュマロは卵白が入っているんですよね(`・ω・´)

 

そこでシリアルの代わりに使えるのが、コーンフレーク!!

 

コーンフレークなら原料がトウモロコシ。
なので小麦アレルギーがあるお子さんでも安心して使えます♪

 

ただ注意したいのが、コーンフレークの種類によっては原材料に大豆が入っていることもあります

 

そのためもしチョコレートをあげるお友達が大豆アレルギーがあるのであれば、コーンフレークの銘柄にはちょっと注意してくださいね。

 

ちなみに私が調べたコーンフレークのアレルギー表示はこんな感じでした。

  • 日清のシスコーン(プレーンタイプ)⇒なし
  • ケロッグのコーンフレーク⇒大豆
  • トップバリュー オーガニックコーンフレークプレーン⇒なし(ただコンタミで「乳、小麦、キウイフルーツ、大豆、バナナ、りんご」を含んだ食品の取り扱いあり)

 

コーンフレークとはいえ、大豆が入っていたり、コンタミで乳製品や小麦などを使う製品を生産していることもあるので、商品を購入するときは、裏面の原材料の欄をチェックするようにしてくださいね。

 

アレルギーっ子のママさんがコーンフレークを購入したりするのに使っているネットショップの一つがココ⇒ブラウンビレッジ

その中でも人気なのが、オーガニックコーンフレークプレーンです。

よかったら参考までにです♪

 

ここまではチョコレートバーにつかうコーンフレークについて、いろんな種類があるよ~だったり、種類によってはアレルギー対応してないものもあるから気をつけてね!!ということをお伝えしてきたのですが、コーンフレークさえ決まってしまえばチョコレートバーを作るのは簡単♪

 

ナッツやローストしたアーモンドにコーンフレークを混ぜ合わせて、そこに湯煎して溶かしたチョコを混ぜ合わせ、ラップを敷いたバットの上orお弁当カップの上で冷やし固めるだけですからね♪

 

チョコを溶かす工程はママの手助けが必要ですが、コーンフレークやナッツ類を混ぜたり、溶かしたチョコを混ぜ合わしたりする工程は楽しみながらお子さんができちゃうそんなレシピですヽ(´▽`)/

 

ただナッツ類はアレルギーが…というお友達もいらっしゃると思うので、もしアレルギーがあるお子さんの場合はナッツ類はなしにして、ドライフルーツを中にも混ぜ合わせて食感を出したらOKかな~?!と思います!!

 

ちなみに、チョコが固まる前にトッピングシュガーやアラザンで可愛らしくデコレーションするとかな~り可愛いポップな印象に仕上がるので、ぜひお子さんと楽しみながらデコレーションしてくださいね♪

このデコ作業、子供は大喜びです(笑)

>詳しいチョコレートバーのつくり方はこちら

 

ただチョコレートも乳が入っていることが多いため、乳製品アレルギーだと使えないものも多いですよね。(´-ω-`)

 

そこでアレルギーっ子でも使える板チョコがコレ⇒辻安全食品さんの元祖板チョコ

 

材料はてんさい糖とカカオマスとカカオ油脂なので、乳製品アレルギーはもちろん、落花生アレルギーのお子さんでも食べれます!!

 

アレルギー対応のチョコだから美味しくないのでは?!と思われたりするかもしれませんが、口コミをまとめるとこんな感じでした♪

  • 変に甘くなくてくどくなくて美味しい!!
  • 甘すぎず、苦くもなく、丁度良い甘さ
  • 普通のチョコレートと変わらない味、チョコレート本来の美味しさを味わえた気がします
  • 材料がシンプルで安全性を感じて購入したのですが、味にも満足です
  • なめらかさには欠けるけど、それでも美味しい

 

アレルギー対応食品だと味がイマイチなんて口コミも多かったりするのですが、このチョコはリピ買いしているアレルギーっ子のママも多いようです!!

 

市販で手に入れるのは難しくネットになってしまうのですが、このチョコならアレルギーっ子も安心して使えるのでオススメです♪

 

卵がOKなのであれば、オススメはマシュマロチョコポップ

さきほど紹介したコーンフレークで作るチョコレートバーなら、小麦・卵・牛乳アレルギーのお子さん対応のオススメチョコお菓子なのですが、卵が食べれるのであれば、マシュマロポップも可愛らしく仕上がるのでオススメです♪

 

作り方もホント簡単!!

 

チョコレートを刻んで湯煎し、マシュマロにストローを刺してチョコレートをくぐらせ、さいごに飾りで可愛くアラザンやチョコペン、トッピングシュガーでデコレーションしたら完成ですヽ(´▽`)/

詳しいマシュマロチョコポップのつくり方はこちら

 

もし卵アレルギーだけど、乳アレルギーがある場合はさっきも紹介した辻安全食品さんの元祖板チョコを使えばできちゃいますよ♪

 

今回上記で紹介したチョコレートバーとマシュマロポップ。

 

どちらも簡単に作れて子供と一緒に作るバレンタインのお菓子で人気なのですが、それをアレルギーのお子さんでも作れるようにと、原材料の注意点をまとめてみました♪

 

よかったら参考にして子供さんと一緒にバレンタインに作ってみてくださいね。

 

スポンサードリンク

乳製品アレルギーでもOKなチョコを紹介

さて、さきほど辻安全食品さん元祖板チョコなら乳アレルギーや落花生アレルギーのお子さんでも使えるよ~とお伝えしたのですが、他にも乳製品アレルギーでも使えるチョコがあったので紹介しますね♪

 

一つ目はどちらも辻安全食品さんのチョコレートなのですが、SWEET MAGICストロベリーチョコSWEET MAGIC パンプキンチョコ

 

ストロベリーとパンプキンというだけあって、色が可愛らしく淡いピンクと黄色♪

 

ストロベリーチョコ↓↓

出典:http://www.allergy-food.jp/?pid=107379388

 

パンプキンチョコ↓↓

出典:http://www.allergy-food.jp/?pid=107379386

 

色味が可愛らしいのでデコレーション用のチョコペンにして使ったりしても可愛いかな~なんて思いますヽ(´▽`)/

 

ちなみに溶かしたチョコで作っちゃう手作りチョコペンのつくり方はこちらの動画がわかりやすかったので、よかったら参考にしてみてくださいね♪

 

動画を見てもらったら分かることなのですが、なんとなんと!!クッキングシートに溶かしたチョコを入れて作るチョコペンです♪

 

次に二つ目に紹介するアレルギー対応チョコレートですが、湯煎して溶かす時に使いやすい刻んでフレーク状になっているミニヨン手作り工房カワムラさんの卵・乳製品・小麦・大豆不使用の加工用フレークチョコです。

 

湯煎して使うと使い道が決まっているなら使い勝手抜群です♪

 

バレンタインだからチョコレートを使うけど、乳製品や大豆アレルギーで市販チョコを探したけどなかなかない…

 

そんなときは、辻安全食品ミニオン手作り工房カワムラさんのチョコをチェックしてみてくださいね♪

 

バレンタインに使えるアレルギー対応レシピの検索方法

さいごにアレルギーの娘のママである私が、よく娘に作るお菓子検索で使っているサイトをお伝えしますね♪

 

子供主体というより、ママが主体で作る感じにはなってしまいますが、アレルギーっ子用に作られているレシピなので味は美味しく、ホント考えられたレシピが多いのでオススメです。

 

少し通常より材料入手が難しかったり、いつも使わない材料(たとえば小麦粉の代わりに米粉など)であれ?なんだかうまくいかない…なんてこともあるかとは思いますが、参考になると思うのでよかったら覗いでみてください。

 

ではオススメサイトを紹介しますね。

 

まず一つ目のサイトがTeam Allergy.com

 

材料のところで、外したいアレルギーにチェックを入れてレシピを検索できるし、使う材料も同じサイトから同じ材料を購入できるため失敗が少なく美味しくできます♪

 

若干、使う材料が多いのがちょっと面倒なところですが、味は美味しいし、見た目も可愛らしくできますよ~♪

 

ちなみに私、よくこのサイトで材料を買ってレシピ検索したりして作ってますヽ(´▽`)/

 

バレンタインに作れそうで、材料がそんなに変わったものが多くなく、作りやすそう!!と思ったレシピが、ココットdeブラウニー。

 

ココットの代わりに100均などのマフィンカップなどを使っても可愛くできると思うし作りやすいかな~と思います♪

 

二つ目のサイトがクロワッサンオンライン

 

グルテンフリーで牛乳や卵を使ってないお菓子だけでなく、料理などのレシピもたくさん掲載されているオンラインでチェックできるレシピなのですが、コレもオススメ♪

 

その中でもオススメなのが、ホットビスケット

 

我が家このホットビスケットめっちゃ作ってます!!
だって美味しい!!
そして簡単なんだもん♪

 

米粉だけど、米粉って感じもしないくらい美味しくて、旦那からもこれはうまい!!ってお褒めの言葉を頂けるほどです(笑)
しかもオンラインでは、白崎裕子さんが動画で丁寧につくり方を解説してくれてますからね。

 

このくらいまで混ぜてとか、どのタイミングで材料を加えてとか、ホント細かく細かく解説付き!!

 

だから今まで米粉なんて使ったことないんだけど…って人でも失敗なく作れるレシピかな~と思います♪

 

ホントオススメだし、子供も一緒に混ぜる作業ならちょっとお手伝いはできると思うので、よかったら作ってみてくださいねヽ(´▽`)/

 

さいごに

アレルギーのお友達に手作りのお菓子となると敷居が高い!!なんて思うかもしれないけど、意外とそんなことないんですよね(笑)

 

そりゃ~、使ったことのない米粉を使ってお菓子となると、小麦粉とは性質が違うから扱いにくかったり、失敗してしまったりしないとは言えません…。
(私も米粉を使い始めたときは、うまくいかないことも沢山あったので…)

 

だけど、今回一番初めに紹介したコーンフレークでチョコバーは市販のものを上手に使って、アレンジして作るチョコバーなので失敗もなく簡単だし、お子さんとも楽しんで作れるのではないかと思います♪

 

お子さんと作るならチョコバーわたし的にはめっちゃオススメなのですが、そのほかにも色々アレルギー対応のお菓子もあるので、よかったら紹介したサイトなどでも検索してみてくださいね♪

 

スポンサードリンク