バレンタイン。
娘がパパにチョコあげたい!!なんて行った日には、そりゃ~一緒になにか作らなきゃ!!って気持ちになりますよね。

 

だけどまだ娘さんが保育園や幼稚園生だと、できないことやお菓子作りでも難しいことも多いし、う~~~ん(´・ω・`)と頭を悩ませるのが、何を作るか?!ではないでしょうか。

 

そこで今回はパパも喜んでくれて、しかも子供と一緒に楽しく作れる失敗しないチョコレシピを紹介したいと思います。

 

バレンタインに3~5歳くらいの小学校に通ってないお子さんでも楽しみながら一緒に作れるレシピばかりなので、あぁぁ~何作ろう…となかなか作るものが決まらないママの参考になれば嬉しく思います♪

スポンサードリンク

バレンタイン手作りで簡単子供と一緒に楽しく作れるチョコは?

保育園や幼稚園のお子さんでも楽しめるのが、やっぱり丸める作業ヽ(´▽`)/
これはホント楽しそうにやってくれます。

 

実際我が家の3歳の娘も、丸める作業大好き!!
3歳なのでチョコではなく、パンなのですが、パン作りしていると必ずと言っていいほど、私もやりたい!!と言い、横に並んでパン生地をこねこねしたり、パンを成形する作業を楽しそうにやっています。

 

そこで丸める作業が楽しめるバレンタインにオススメなのが、トリュフ

 

えぇ~?!
トリュフってテンパリング(溶かしたチョコできれいにコーティング)するのが難しいんじゃないの?!と思われるかもしれませんね。

 

確かにテンパリングをするトリュフを作るのは、チョコを溶かすときの温度管理もしなきゃだし、子供しかも幼稚園の子供と一緒にはキツイです。

 

だけど、もうそこはTHE手抜きですよ(笑)

 

だって子供と一緒にやるんだもん!
抜けるとこはうまく手を抜いて、楽しみながら作っちゃいましょヽ(´▽`)/

 

で、その手抜き方法が、トリュフの中に入れるチョコを溶かして生クリームを入れて混ぜ、適当な大きさにラップでくるんで丸め、ココアや抹茶パウダーや粉砂糖をまぶしてお化粧です!!

 

本来なら、適当に丸めたチョコ(ガナッシュ)を溶かしたチョコでコーティングして表面をキレイにツヤが出るように仕上げるんだけど、お化粧するからコーティングがキレイかどうかなんて見えないからオッケー(笑)。

 

テンパリング(ガナッシュをチョコレートでツヤ出しコーティング)の作業は必要なしです!!

 

ただ味はちょっと本格的にしたい!!と思うなら、ガナッシュ作りのときにコアントローかグランマニエを入れて風味付けすると、それだけでググっとパティシエに負けないほどのお味に引き上げてくれるので、ぜひ風味付けはやってみてくださいね♪

本格トリュフ作り方はこちら

 

スポンサードリンク

バレンタイン簡単に子供と手作りできるチョコトリュフレシピ

さて、子供と楽しんで作るなら丸める作業が楽しいトリュフがオススメだよ~とお伝えしました。

そこで子供と丸める作業を楽しめる超簡単トリュフレシピを3つ紹介したいと思います♪

 

オレオを使って簡単トリュフ

砕いたオレオと胡桃に牛乳or生クリームを混ぜ合わせて丸い形にころころと丸め、ココアや粉砂糖でお化粧して仕上げるトリュフです♪

 

チョコレートを溶かしてガナッシュを作る手間もなし。

 

しかもガナッシュでなく、オレオを使うので、丸める作業もお子さんでも簡単に丸い形にコロコロっと成形できるのがポイントです。

簡単オレオトリュフの作り方はこちら

 

スポンジケーキやカステラで簡単トリュフ

スポンジケーキやカステラに生クリームと溶かしたチョコを加えガナッシュの代わりにしちゃいます。

 

ガナッシュになる部分がチョコだけでなく、スポンジケーキなどの生地が入っているのでまとまりやすい!!

 

そのため子供でも簡単に丸めることができちゃうのがポイントです!!

スポンジケーキやロールケーキなどのスポンジで作る簡単トリュフの作り方はこちら

 

ビスケットとチョコで作るトリュフ

オレオを使うつくり方に近いのですが、ビスケットでつくる場合はパサつきやすくなってしまいます

 

そこで、溶かしたチョコレートに砕いたビスケットを加えて混ぜ合わせたあと、牛乳or生クリームとバターを加え、パサつきを軽減するのがポイントです。

ビスケットとチョコで作るトリュフの作り方はこちら

 

上記で紹介した3つのトリュフレシピは、中身がオレオ、ケーキやカステラ、ビスケットと違いはあるけど、やっていることはだいたい同じ感じ(`・ω・´)

 

チョコレートと生クリームで作るガナッシュに比べ、どのレシピも丸めやすく、お子さんでも楽しみながらコロコロと丸められるのが特徴です!!

 

バレンタイン簡単で子供と作っても失敗しないレシピ

上で紹介したトリュフもめっちゃ簡単なのですが、それよりも失敗しない子供と作れる超簡単バレンタインレシピを紹介していきますね。

 

型を使わないアメリカンタイプのクッキー

子供と一緒に作るお菓子の定番の一つのクッキー。
なのですが、子供が型抜きをすると型を抜くのもゆっくりで、手の温度が高くベタついてしまうことも多いんですよね(´・ω・`)

 

そこで子供と一緒に作るクッキーでオススメなのが、型抜きなしでできちゃうクッキー。

 

作り方も材料を全部混ぜて、あとは生地を手にとって4~5センチの丸い形にまるめて、コーンフレークをまぶして上から潰してオーブンで焼くだけですからね~。

 

作業工程もめっちゃ簡単!!
しかも丸めて潰す作業は子供も大好き♪

 

そのため簡単で型抜きクッキーより子供も楽しみながら作れちゃうクッキーです。

 

紹介するレシピにはチョコは入っていないのですが、お好みでチョコを砕いて混ぜ合わせてチョコチップにしたり、コーンフレークをチョコチップのものを使ったりすると、バレンタインチックになるかな~なんて思います!!

 

しっとりクッキーよりザクザクしたクッキーが好きだったり、スタバのクッキーが好きなら、アメリカンクッキーもウケると思いますよ~♪

さっくり♪アメリカンクッキーの作り方はこちら

 

超簡単!!シリアルチョコフレーク

失敗なしでめっちゃ簡単なのが、今から紹介するシリアルチョコフレーク!!

 

だって作業工程、フルーツグラノーラやオールブランに湯煎したチョコを絡めてオーブンシートや可愛いカップの上に形を整えて入れ、冷やし固めるだけですからね。

失敗する要素ゼロです(笑)

 

チョコレートもミルクやブラックチョコだけでなく、ホワイチョコやいちごチョコを使えば、カラフルになりますし、いちごやバナナなどの果物を加えると可愛らしさアップです。

 

パパにあげるのであれば、ナッツや干しぶどうなどのドライフルーツを入れると、ちょっと大人な味にもなるのでオススメですよ~♪

 

より見た目の可愛らしさをアップさせるなら、固まったあとにチョコペンなどでデコレーションしたり、固まる前にアラザンやスプレーチョコなどでデコレーションしても華やかなに仕上がりますよ~♪


出典:http://rakku.jp/recipe/detail/338.html

シリアルチョコフレーク作り方はこちら

 

さいごに

保育園や幼稚園の子供と一緒に楽しみながら作れるバレンタインの手作りチョコを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?!

 

子供が喜ぶ丸める作業やデコレーションの飾り付けがメインとなるレシピなため、ママも作業中「あぁ~もう!!」と思うことがほとんどなく、楽しみながら一緒に作れるのではないかと思いますヽ(´▽`)/

 

よかったら参考に作ってみてくださいね♪

 

注意)
今回紹介したレシピは、子供が楽しめる手で丸める作業が多いです。

 

そのため保育園や幼稚園のお友達にあげるのは、素手を使うとちょっと衛生面が…というママさんもいてるのでちょっと注意したほうがいいかもしれません。

 

そこで素手を極力使わない!!衛生面を考慮した子供と一緒に楽しく作れるバレンタインチョコについてはこちらの記事にまとめてみした♪
子供と作る簡単バレンタインチョコと幼稚園のお友達にあげるお菓子作りの注意点!

 

よかったら参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク